テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2019/04/15
  • Motor Fan illustrated編集部

住友ゴム工業:ブラジル工場でトラック・バス用タイヤの生産開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブラジル工場
住友ゴム工業は、ブラジル市場におけるトラック・バス用タイヤの安定供給を図るとともに、為替変動リスクの回避を目的として、ブラジル工場にトラック・バス用タイヤの生産設備を新設し、3月1日に生産を開始した。2020年末には生産能力を日産1,000本とする計画で、総投資額は465百万レアル(約135億円:1レアル=29円で換算)。

 これまで、トラック・バス用タイヤについては輸入販売を行っていたが、このたびトラック・バス用タイヤの生産を開始することで、現地での安定供給が可能となる。ブラジルの同タイヤ市場は今後年2-3%程度の成長が見込まれている。現地生産により、乗用車・ライトトラック用タイヤと合わせて、ブラジル市場におけるタイヤ販売事業の一層の強化を図るとともに、同社のグローバル展開をさらに進めていく。

<ブラジル工場概要(2018年12月末)>
会 社 名: Sumitomo Rubber do Brasil Ltda.
所 在 地: パラナ州ファゼンダ・リオ・グランデ市
代表者名: 脇谷 宜典(社長)
操業開始: 2013年10月
設立年月: 2011年7月
事業内容: 乗用車・ライトトラック用タイヤの製造・販売
生産能力: 16,800本/日
従業員数: 1,307名

<トラック・バス用タイヤ工場概要>
生産開始: 2019年3月
建屋面積: 約13,400㎡
生産能力: 1,000本/日(2020年末予定)

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated