テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2019/04/25
  • Motor Fan illustrated編集部

島津製作所:マイクロビッカース硬度計「HMV-G30 / HMV-G31シリーズ」を発売

カラーカメラ搭載モデルを追加、データ保護機能を標準搭載

このエントリーをはてなブックマークに追加
マイクロビッカース硬度計「HMV-G31」
島津製作所は、データの信頼性を向上させる新機能を搭載し、ビッカース硬さ試験に関するISO規格に標準で対応可能な、拡張性に優れたマイクロビッカース硬度計「HMV-G30 / HMV-G31シリーズ」を4月25日に発売する。

 マイクロビッカース硬度計は、微小な試験力でビッカース硬さを測定する装置。圧子と呼ばれる正四角錐のダイヤモンドで試料に力を加え、表面にできたくぼみを計測することで、試料の硬さを算出できる。鉄鋼材料や金属素材、機械部品の検査、めっきや熱処理などの表面改質の評価のために国内外の幅広い業界で使用されていることから、近年は、データ管理機能の強化や操作性の向上、用途に合わせた各種機能の充実が必要とされている。

 島津製作所の「HMV-G30 / HMV-G31シリーズ」は、ビッカース硬さ試験に関するISO規格に従った低試験力での測定に標準で対応した。データの信頼性を高める保護機能やレポート作成機能も標準搭載している。また、ステージの位置を調整する電動マイクロメータがオプションで追加可能になり、業界トップクラスの500万画素カラーカメラ搭載モデルもシリーズに加えた。

 価格は184万円~(ソフトウェア込み、税別)、販売計画は発売から1年間で国内外シリーズ合計270台。

■ 新製品の特長
1.データの信頼性を高める保護機能を新搭載
試験実施者を自動的に記録し、再測定時にパスワード入力を必須にする新機能を標準搭載した。不要なデータ編集を抑え、データの信頼性を高める。
2.ISO規格に従った低試験力での測定に標準対応
ビッカース硬さ試験に関する規格であるISO6507-1およびISO6507-2に従った1gの低試験力での測定に標準で対応。従来シリーズにおいては、低試験力での測定はオプションだった。
3.目的に合わせたシステム構築
業界トップクラスの500万画素カラーカメラ搭載モデルをシリーズに追加したことに加え、ステージの位置を電動で調整するマイクロメータをオプションで導入可能。用途や使用者に合わせたシステムを構築できる。

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated