テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2019/05/24
  • Motor Fan illustrated編集部

NTN:インドネシアでIGPと等速ジョイント事業の合弁契約を締結

増加する FF 車に必要不可欠な等速ジョイントを現地生産

このエントリーをはてなブックマークに追加
NTNは、インドネシアの自動車市場で需要が拡大する前輪駆動車(FF車)に向けて、FF車に必要不可欠な等速ジョイントの供給拡大を目的に、アストラグループの PT. Inti Ganda Perdana(IGP)と合弁契約を締結し、ジャワ島西部・カラワン地区(KIM工業団地)に、等速ジョイントを製造する合弁会社を設立する。

 インドネシアでは各種の環境規制等を背景に、自動車市場においては車軸懸架(リジッドアクスル)方式の後輪駆動車(FR車)から、前輪駆動車(FF車)への生産シフトが加速している。これに伴い、FF車に必要不可欠な駆動部品である等速ジョイントの需要も急拡大が見込まれている。
 NTNは、アセアン・南アジア地域においては、タイ・インドで等速ジョイントの現地生産を行っているが、これまでインドネシアで等速ジョイントの現地生産は行っていなかった。このような状況の下、インドネシアのアストラグループで自動車部品の製造を担うIGP社と、等速ジョイントの現地生産に関する合弁事業を検討し、インドネシア市場における現地生産の必要性と、販売・シェア拡大という双方の目的が一致したことにより、このたび、合弁契約を締結することに至った。

 今後は、近く合弁契約に基づく新会社を設立し、2020年8月の量産開始を目指して工場の建設を進める。インドネシアで初めて現地生産を行うことによって、顧客対応の迅速化と納入リードタイムの短縮を実現し、インドネシア自動車市場におけるプレゼンス向上と、等速ジョイントの圧倒的なシェア確保を目指した事業展開を進める。

【合弁契約と新設会社の概要】
会社名 PT. Astra NTN Driveshaft Indonesia
事業内容 等速ジョイントの製造
資本金 1,200 億ルピア
出資比率 IGP 51%/NTN 49%
所在地 Kawasan Industri Mitrakarawang, Kabupaten Karawang, West Java, Indonesia
敷地面積 約 18,000 m²
延床面積 約 8,500 m²

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated