テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

TOP > カタログ > スバル > BRZ > Suspension Watch:スバルBRZ/トヨタ86のサスペンションを解説する
  • 2019/06/17
  • Motor Fan illustrated編集部

Suspension Watch:スバルBRZ/トヨタ86のサスペンションを解説する

Suspension Watch:TOYOTA 86/SUBARU BRZ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Subaru BRZ
トヨタとスバルの協業から生まれたボクサーエンジンをフロントに積む後輪駆動のスポーツカーが86/BRZだ。そのサスペンションを見ていこう。

 トヨタブランドの86が販売実績で多数を占めるものの、実際の開発・設計はスバル。ボリュームが多くは望めないジャンルだけにマツダロードスターのような専用設計という冒険はできず、インプレッサのFR版という作りになっている。AWDからフロントの駆動系を取り除いただけと見られがちだが、駆動力がリヤに集中することでリヤサスには想像以上の負荷がかかる。ターボエンジンを搭載しなかった理由のひとつは、既存シャシーの改良では大出力を呑み込むことができなかったからと思われる。

FRONT:マクファーソン・ストラット

構造上ロールセンターが低く、横力によるポジティブ側へのキャンバー偏位がつきまとうストラットも、ロワーアームの長さを十分に取ればある程度その欠点も解消できる。しかし、水平対向エンジンの横方向寸法の大きさ故に、ロワーアーム長を思うように採れず、ストラットの傾斜にも制限(キングピンオフセット大)があるところが、スバル車の悩みの種。

 構造上ロールセンターが低く、横力によるポジティブ側へのキャンバー偏位がつきまとうストラットも、ロワーアームの長さを充分に取ればある程度その欠点も解消できる。しかし、水平対向エンジンの横方向寸法の大きさ故に、ロワーアーム長を思うように採れず、ストラットの傾斜にも制限(キングピンオフセット大)があるところが、スバル車の悩みの種。

REAR:マルチリンク式

 インプレッサのシャシーを流用したことで問題となったのはリヤのストロークの短さ。写真ではわからないが、コイルユニットのアッパーマウントはボディからかなり突き出しており、アッパーアームの配置を含めてFFハッチバックという原型がそのままになっている。リヤの負荷能力が足りないためドリフト用途では特に欠点が露呈するのは、ホンダS2000でも見られた事実。

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ情報


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated