テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2019/07/12
  • Motor Fan illustrated編集部

三菱ケミカル:イタリアに炭素繊維複合材料(SMC)の製造設備を新設

このエントリーをはてなブックマークに追加
三菱ケミカルのSMCが採用された自動車部材の例
三菱ケミカルは、炭素繊維複合材料であるSMC(Sheet Molding Compound)の製造設備を、同社が44%出資するC.P.C. SRLの隣接地に新設することとした。本設備の稼働開始は2020年9月の予定。
三菱ケミカルの炭素繊維

 三菱ケミカルが開発したSMCは、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の中間基材の一種で、長さ数センチメートルにカットされた炭素繊維を樹脂中に分散させたシート状の材料。プレス成形により2~5分程度の短時間で部材に加工可能であることに加え、連続した炭素繊維に樹脂を含浸させた中間基材であるプリプレグと比べて、複雑な形状の部材を成形することができるという特長がある。

 三菱ケミカルは、現在愛知事業所(愛知県豊橋市)においてSMCを製造している。国内では自動車のドアインナー・ラゲッジインナーやバックドアの構造材などに既に採用されており、また、欧州では、CPCを通じてCFRPを主構造材としたモビリティ分野の開拓を行ってきた。現在、欧州の高級車メーカーを中心に複数社から材料認定の取得を受けるべくSMCの開発を進めており、今後もその採用が増えていくことが期待されている。
 同社としてはこうした旺盛な需要に応じるべく、伝統的に最先端のエンジニアリング力を有し、欧州の自動車関連の顧客へアクセスにも優れ、経験豊富な人材を多数輩出しているイタリア・モデナ市に生産設備を新設し、生産能力を増強する。これによりSMCの生産体制を愛知事業所とあわせて、グローバルに更なる拡販を進めていく。

 三菱ケミカルは、今後も、日・米・欧にある炭素繊維の生産拠点と、設計提案力に裏打ちされたCPCの高い成形加工能力、欧米を中心に高いプレゼンスを誇る三菱ケミカルアドバンスドマテリアル社※(MCAM)のマーケティング力、セールスネットワークを融合させ、技術革新の著しいモビリティ分野に対して最適なソリューションをタイムリーに提供すべく、積極的に事業を展開していく。

※ 本年4月1日付で旧 Quadrant AG社から社名変更。各種スーパーエンプラとフィラーの組み合わせ製品を展開。炭素繊維のみならず、ガラス繊維、ポリプロピレン繊維等と熱可塑樹脂を組み合わせた商品を全世界で展開。

イタリアにあるMCAMの拠点

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated