テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2019/07/16
  • Motor Fan illustrated編集部

横浜ゴム:低床バス専用リブラグタイヤ「507U」新発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
横浜ゴムは、低床バス専用リブラグタイヤ「507U(ゴーマルナナ・ユー)」を2019年7月16日に発売した。発売サイズは275/70R22.5 148/145Jの1サイズで、価格はオープンプライス。

「507U」はバス停で導入の動きが広まっているバリアフリー縁石への対応とリトレッド(更生)性の向上を目指して開発された。タイヤのサイドウォールには、バス専用タイヤであることを示す「for BUS USE」マークが打刻されている。

 バリアフリー縁石とはタイヤとの接触部を曲面にした形状の縁石で、それに沿ってタイヤを接触させながら停車することで車体をより縁石まで寄せることができる。乗降口と歩道の間に生まれる隙間が少なくなるため、高齢者や車椅子、ベビーカー使用者のスムーズな乗り降りが可能となる。

 バリアフリー縁石への対応では縁石に接触する機会の多いタイヤショルダー部のゴムを厚くすることで、接触時の耐久性を確保した。リトレッド性の向上ではリム脱着時の破損を防止するためビード形状の見直しを行い、トレッドのセンターの溝に「新ストーンイジェクター」を採用している。「新ストーンイジェクター」は溝底の体積を溝表面より小さくしたことで石が溝底まで入り込むのを防ぎ、タイヤベルトの損傷を抑制する。
 さらに、耐摩耗性能も高めているほか、「MY777」で好評を得ていた低燃費性能、静粛性能、ウェット制動性能などは同等レベルとしている。

バリアフリー縁石とタイヤ接触部
「for BUS USE」マーク
リム脱着時の破損を防止するビード形状
タイヤベルトの損傷を抑制する「新ストーンイジェクター」

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated