テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2019/07/16
  • Motor Fan illustrated編集部

横浜ゴム:コミュニティバス用オールシーズンタイヤ「LT751R」新発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
横浜ゴムは耐摩耗・耐偏摩耗性能に優れたコミュニティバス用オールシーズンタイヤ「LT751R(エルティー・ナナゴーイチ・アール」を2019年7月16日に発売した。発売サイズは205/80R17.5 120/118Lの1サイズで、価格はオープンプライス。

 コミュニティバスは、交通空白地域・不便地域の解消などを目的として、市町村などが主体的に計画、運用しており、「LT751R」は、そのコミュニティバス用に特化したタイヤ。都心部におけるバス停や信号でのストップ&ゴーや山間部におけるカーブなどコミュニティバス特有の使用環境に対応するため、専用開発の新トレッドパターンや独自技術を使用したコンパウンドを採用し、耐摩耗・耐偏摩耗性能を向上させながらも低燃費性能については従来品同等レベルを維持している。

 新トレッドパターンでは、センター領域に2列の高剛性ブロックを2in1で配置し、ブロックの剛性を維持しながらウェットトラクションを確保するためにクローズドサイプを採用。ショルダー部には旋回時の偏摩耗を抑制する高剛性ショルダーブロック形状を採用した上で、浅溝と深溝は交互に配置した。さらに、トラック・バス用オールシーズンタイヤ「710R」で好評を得ている耐摩耗性能に寄与するポリマーとウェット性能に寄与するシリカを組み合わせたコンパウンドを使用。これらにより「LT751R」は従来品「TY285」と比べ、耐摩耗・耐偏摩耗性能を向上した上で、ウェット性能、低燃費性能、静粛性能、操縦安定性能などは同等レベルを維持している。

耐摩耗性能、耐偏摩耗性能を高めたトレッドパターン
「TY285」と「LT751R」のコンパウンドイメージ図

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated