Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • Motor-Fan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. トピック
  4. ジェイテクト

電動パワーステアリング(EPS)で培ったアシスト技術を生かしジェイテクトが自立推進歩行器を開発

  • 2019/12/20
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
〈モーターの制御により適正な距離を維持する〉J-Walkerテクテックは、ノルディックウォーキング理論を採用し、2本のストックを交互に前後スライドさせることで、モーターが利用者の前進を補助する。単なる歩行器ではなく、腕振り効果が有酸素運動を誘発し、健康を促進する。

ジェイテクトは11月19日、2019年の中間決算報告と新規事業戦略についての記者説明会を開催した。TEXT&PHOTO:野崎博史(MFi)FIGURE:JTEKT

 ジェイテクトは11月19日、2019年の中間決算報告と新規事業戦略についての記者説明会を開催した。

 冒頭で、自動車業界のトレンドである「CASE」対応について言及。例に漏れず、ジェイテクトもCASEに対する研究開発費への投資が増えているということだが、強みであるアシストやトライボロジー(摩擦)技術を生かせる「A(自動運転)」と「E(電動化)」に特化して、商品開発を進めていくと説明。自動運転では、アクチュエーターメーカーとしてだけでなく、ステアリング制御のキモとなる「判断」が貢献すると見込んでいる。

 電動化において、ジェイテクトはモーターと電池の増加、エンジンの小型化が進むと予測する。ステアリング、軸受、駆動系部品など、4つのすべての事業領域で電動化に対応するソリューションを用意しているが、なかでもEVの駆動モーターの油冷装置に必要な電動オイルポンプや、電動ユニットの小型化や高速回転化に対応したベアリングの需要は高くなるとし、期待を寄せているという。

 目玉となる新規事業戦略では、「人と機械の調和」を方針として掲げ、その第一弾では、現場作業の負担軽減を目的としたパワーアシストスーツ「J-PAS」を2018年に販売を開始。今回はその第三弾として、開発中の自立推進歩行器「J-Walker」を発表した。ステアリングで培った安全とアシスト技術を生かした、歩行器と利用者が「近すぎず、離れすぎず」の適切な距離を保てるのが特徴で、歩行改善のトレーニングをサポートする。2020年の販売開始を目指している。

歩行器の事故で多い片流れ。加速度センサーによって傾きを検知し、歩行器の角度と進む方向を検出。左右車輪のモーターの回転速度をコントロールして、まっすぐ進むように維持する。
J-Walkerは、利用者の歩行距離、速度などの情報をクラウドに上げて専用アプリでトレーニング効果を見ることができる。ゲーム性を持たせてリハビリの継続を向上する機能もある。

リチウムイオンキャパシタの量産を開始

大型SUV用EPS(12V電源)における急操舵時の出力不足を補助する目的で開発された、高耐熱リチウムキャパシタが、今年10 月より量産を開始。花園工場に新キャパシタ生産棟を新設した。月産40000セルの生産能力を持つ。

〈EDITOR'S EYE!〉生き残りをかけた企業統合かコア技術を新規事業へ拡大か

OEMメーカーへの売価水準ダウンを原価改善でカバーできなかったことが響き、苦しい決算となったと報告があった。これは他のサプライヤーも同じで、統合再編によって乗り切る流れがあるいっぽう、強みであるコア技術を新規分野に生かす視野の広さも重要だ。

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ