Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

共同技研化学:5G向け半導体FPC材料用LCPフィルムの量産技術を確立

  • 2020/01/09
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

KGK共同技研化学は、低ノイズ、 消費電力で断線や剥離のないフレキシブルプリント配線板(FPC)用材料を量産する。第5世代通信(5G)機器向けに需要が高まると判断し、5G向け液晶ポリマー(LCP)フィルムの量産設備を群馬県富岡工場で稼働する。

 KGK共同技研化学のLCPフィルムはこれまでスピーカー、ヘッドフォンなどの音響機器の振動板材料向けに展開してきたが、5Gの商用化をにらんで、群馬県富岡工場に約8,000万円を投じ、LCPと銅箔の銅張積層板に加工して市場に供給する。

 LCPオリゴマーを有機溶剤に溶解させたワニスを銅箔上に直接塗工、連続焼成してフィルム上でポリマーへと重合する。塗工焼成にあたって、LCPワニスの液温、雰囲気気温、湿度の条件を確立したのがポイント。LCPは吸湿性が現在主流のポリイミドフィルムの約20分の1と低く、吸湿による電気信号ロスを抑制。発熱も少なく、ノイズの発生や消費電力を抑えられる。電子回路の微細化が進むほど水分による影響が大きくなるためLCPの特性が生かせるとみて量産を決めた。月産能力は3万~10万平方メートルを予定。量産効果により、価格をポリイミドフィルム比3倍強まで抑える。

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ