Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

地方郊外型MaaSにおける日本初のQRシステム導入、京都丹後鉄道沿線エリアにて実証実験を開始

  • 2020/02/04
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
利用イメージ

京都丹後鉄道沿線地域MaaS推進協議会は、京都丹後鉄道沿線エリアにおいて鉄道を基軸とした地方郊外型MaaSを取り組んでおり、国土交通省による「新モビリティサービス推進事業」として選定されたQRコードによる決済と認証を取り入れた実証実験を2020年2月10日(月)より約2か月間実施する。

 丹鉄MaaS推進協議会は、域内交通の空白地帯が多いことに加え、移動に関する情報不足、高齢者をはじめとする免許非保有沿線住民の孤立、地域交通事業者のキャッシュレス対応への投資負担や、インバウンドの増加など、様々な地域の交通課題を解決することを目指している。本実証実験は、MaaSアプリを活用し以下2点を可能にするもので、区間運賃に対応したQRコードによる即時決済(❶)は日本初のサービス。

 ❶ 事前購入せず、乗降時にQRコードを読取端末にかざすだけで実際に移動した区間運賃を即時決済可能 ※1
 ❷ 事前購入した商品を、サービス利用時にQRコードを読取端末にかざすだけで購入情報を認証し利用可能 ※2

※1 京都丹後鉄道(普通列車のみ)・全但バス(出石線)・丹後海陸交通バス車内(伊根線・経ヶ岬線・蒲入線)において即時決済可能
※2 京都丹後鉄道(特急車両・普通列車)の一部区間・全但バス(出石線)の一部区間・丹後海陸交通伊根線(伊根線・経ヶ岬線・蒲入線)の一部区間、ケーブルカー、天橋立遊覧船、伊根湾めぐり遊覧船)において事前購入可能

 本サービスを実施することで都市間交通となる鉄道、域内交通となるバスを組み合わせたシームレスな乗降が可能になり、利用者にとって移動の利便性が向上する。さらに、QRシステムから取得したデータの利活用により、データに基づくオンデマンド交通をはじめとする地域ニーズに根差した新交通サービスの企画や地域計画に役立てる。

QRコード利用可能路線

■ 実証実験について
概要:
1)WILLERSアプリによるQRシステム導入
2)WILLERSアプリならびにQRシステムから取得したデータの利活用

対象事業者:京都丹後鉄道、全但バス、丹後海陸交通
実施期間:2020年2月10日~3月31日(予定)
端末設置場所
 [ 京都丹後鉄道 ] 特急車両(車両内)、普通列車内、有人駅改札

 [ 全但バス ] バス車内(出石線)
 [ 丹後海陸交通 ] バス車内(伊根線・経ヶ岬線・蒲入線)、ケーブルカー、天橋立観光船、伊根湾めぐり遊覧船

利用手順:
 [ 即時決済 ] WILLERSアプリにクレジットカードの登録を行う(初回のみ)
 →乗車時にQRコードを表示し、読取端末にかざす
 →降車時にQRコードを表示し、読取端末にかざす
 [ 事前購入 ] WILLERSアプリで検索/予約/決済(クレジットカード)する
 →利用時にアプリの予約確認画面よりQRコードを表示し、読取端末にかざす

■ WILLERSアプリについて
マイカーを除く様々な交通をシームレスにつなぎ、さらに観光施設などの周辺スポットや体験なども含め、ひとつのアプリで簡単に検索/予約/決済することを可能にした統合型MaaS アプリ。目的地までのルート検索、オススメ周辺スポット情報の表示・検索、周辺の交通・アクティビティの追加・選択、 追加選択したアクティビティの一括予約・決済、デジタルチケットの表示などが可能。

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ