Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース
  4. ボッシュ|BOSCH

ボッシュ:新会社Bosch.IOを設立

  • 2020/03/02
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボッシュは、モノのインターネット化を中核とした活動を集約する新子会社Bosch.IOを設立した。

 900名超の従業員で構成するBosch.IO GmbHは、IoT(モノのインターネット化)ソリューションを推進し、コンサルティングから実装、運営までのすべてをカバーする。「Bosch.IOの設立により、IoTのリーディングカンパニーとしてのボッシュの地位を確固たるものとします」と、ロバート・ボッシュGmbH取締役会メンバーであるミヒャエル・ボレ氏は述べている。

 Bosch.IOは、ソフトウェアおよびハードウェアの開発者が、クラウドの専門家やユーザーエクスペリエンスのデザイナーと連携し、将来重要となるIoTプロジェクトに取り組むことを特徴としている。「Bosch.IOの新設により、道路や工場のフロアから自宅や現場に至るすべてにおいて、インターネットとモノを組み合わせたモノのインターネット化を進めていきます」と、ボレ氏は語る。Bosch.IOの根幹をなすのは、IoTソリューションの中心となるテクノロジープラットフォーム「Bosch IoT Suite」だ。

 Bosch.IOは、旧Bosch Software Innovations GmbHと、ボッシュの他のIoTやデジタル専門家チームを結びつけることで誕生したボッシュの新しい子会社。Dr. Stefan Ferber氏、Dr. Aleksandar Mitrovic氏、そしてYvonne Reckling氏が取締役に就任している。本社をベルリンに構え、ドイツ、ブルガリア、中国、日本、シンガポール、スペイン、米国にも拠点を展開する。

顧客とより密な関係性を構築

 Bosch.IOの設立により、ボッシュはモノのインターネット化事業において、より業界志向の取り組みを推進する。また、顧客の要求がより顕著に現れることにもつながる。

「私たちの目標は、IoTプロジェクトをより迅速かつ効率的に実現することです」とBosch.IOの取締役であるDr. Aleksandar Mitrovic氏は語る。この目標に向け、Bosch.IOでは学際的な機動力のあるチームを構成し、変化し続ける状況に協力して対応する。ハードウェアとソフトウェアの開発者、クラウドの専門家、ソリューションアーキテクト、プロジェクトマネージャー、ユーザーエクスペリエンスデザイナー、ビジネスモデルイノベーター、トレーナーがメンバーとして参画している。「お客様の要求に最大限対応できるよう、IoTおよびデジタル化プロジェクトごとに適切なスキルを備えた人材を確保します」と、Mitrovic氏は述べている。実際、参画するメンバーは、小売、エネルギー、ビルディングテクノロジー、農業、製造、消費財、モビリティなど、豊富な業界経験を有している。

 Bosch.IOのプロジェクトでは、ボッシュの3万人近いソフトウェア開発者およびAIエキスパートと協働している。「私たちは協力して、サステイナブルなデジタルビジネスモデル、シームレスな技術的統合、そしてお客様とのネットワーク化されたエコシステムを開発していきます」と、Mitrovic氏は続けた。

 業界別の高度に専門化されたソリューション以外にも、Bosch IoT Suiteの特定のサービスは様々なアプリケーションに使用することができる。複雑で膨大な労働力を要する基本タスクは一度の実施で済み、開発および運用効率を向上させる。例えば、デバイスのネットワーク化や管理のためのサービス、ならびにソフトウェアとファームウェアのOTAアップデートなどにより、車両群やセキュリティカメラから機械類まで、すべてを常に最新の状態に保つことができる。

IoTプロジェクトにAIを活用

 Bosch.IOとボッシュのエンジニアが緊密に連携することで、AIテクノロジーが将来のIoTやデジタルプロジェクトで果たす役割がより顕著になることが予想される。一例が、ビッグデータから機械学習用規則を導出するためにデータマイニング手法を使用すること。そこから得られた知識により、さまざまなメーカーの家電製品を安全かつ便利に制御することができる。

 画像比較ツールにもAIは役立つ。Bosch.IOでは、画像比較ツールを偽造防止ソリューションであるSecure Product Fingerprintの一部に使用している。製品の表面を識別するこのツールは、消費者や法人顧客が模造品から効果的に身を守る手段となる。AIアシスト手法では、二輪車が事故に巻き込まれたことを確実に検出し、緊急通報システムを自動的に作動させることもできる。

1,000万以上のモノをネットワーク化

 Bosch.IOでは、ボッシュが長年にわたり世界中の顧客に提供した250超におよぶIoTプロジェクトでの経験を活用する。Bosch.IOの主力製品はBosch IoT Suite。すでに1,000万を超えるセンサー、デバイス、機械を、ユーザーおよびビジネスアプリケーションに接続した実績を有し、IoTソリューションにおけるボッシュの中心的なソフトウェアプラットフォームとなっている。

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ