Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース
  4. 富士通

Qualcommのウェブサイトより 富士通:5G通信帯域でのキャリア・アグリゲーションによるデータ通信の高速化に成功

  • 2020/05/08
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

富士通とQualcomm Technologies(注1、クアルコムテクノロジーズ)は、このたび、3.5GHz帯(n78)と4.9GHz帯(n79)の2つの異なる電波を組み合わせて同時に通信させるキャリア・アグリゲーション(注2)を用いて、富士通の5G基地局とクアルコムの5G対応チップセット「Qualcomm Snapdragon X55 5G Modem-RF System」を搭載した試験用スマートフォンデバイス間において、ピーク通信速度 3Gbpsを超えるデータ通信(注3)に成功した。

 本キャリア・アグリゲーションにより、通信事業者は、異なる周波数帯を利用してより柔軟にネットワークの容量やパフォーマンスを改善することが可能となる。また、電波の二重化による安定性向上や負荷分散による周波数効率の向上を図り、ユーザーはスムーズな動画ストリーミングやより高速なファイルダウンロード、Virtual Realityなどの技術を用いたサービスを通じて新たな体験が可能になる。

Qualcomm Technologies, Inc. シニアバイスプレジデント兼4G/5Gジェネラルマネージャー Durga Malladi氏のコメント
「富士通とともに達成したマイルストーンは、今後シームレスに広く提供される5Gのネットワークの接続性を向上させ、通信の可能性を広げるものです。クアルコムテクノロジーズは、世界をリードする無線のイノベーターとして、ユーザーのスマートデバイスを介した様々な体験を高めるソリューションの開発を継続していきます。また、クアルコムテクノロジーズは、富士通との連携により、本キャリア・アグリゲーションを活用した5Gの通信を通じて、人々の暮らしに利便性をもたらすことを誇りに思います」

富士通 モバイルシステム事業本部長 谷口正樹氏のコメント
「今回のキャリア・アグリゲーションによるデータ通信の成功は、富士通とクアルコムテクノロジーズが共同で進めてきた5Gの革新をリードするアプローチの成果のひとつです。富士通は、これまでに培った高周波・広帯域およびビームフォーミングの技術やノウハウと今回のキャリア・アグリゲーションにより、通信事業者とユーザーの双方に快適かつ高度なネットワークを提供できることを嬉しく思います。キャリア・アグリゲーションによりさらなる高速化を図り、5Gネットワークに期待されている新サービス、新市場創出の可能性を高めるために、今後もクアルコムテクノロジーズと連携した取り組みを推進していきます」

注1 Qualcomm Technologies, Inc.:
Qualcomm Incorporated(本社: 米カリフォルニア州、CEO: Steve Mollenkopf)の子会社。
注2 キャリア・アグリゲーション:
CC (Component Carrier) と呼ばれる無線周波数帯域を、同時に複数組み合わせて通信を行う技術。広帯域化によってユーザーの通信速度の向上が見込める。
注3 ピーク通信速度 3Gbpsを超えるデータ通信:
LTE設備との連携により5G通信を行うノンスタンドアローン構成で、総務省が定めた日本国内におけるサブ6GHz帯に対応する3.5GHz帯と4.9GHz帯の電波を束ねたキャリア・アグリゲーション(4x4MIMO, 256QAM, TDD)の下で検証。

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ