Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

STマイクロエレクトロニクス:コモンモード・フィルタとESD保護機能を集積した車載用プロテクション・デバイスを発表

  • 2020/05/13
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

STマイクロエレクトロニクスは、低クランプ電圧の過渡電圧サプレッサ・ダイオードを搭載した車載対応コモンモード・フィルタ(CMF)のECMF04-4HSM10YおよびECMF04-4HSWM10Yを発表した。両製品は、優れた効率で高速シリアル・バスのインタフェースICを保護する。

 ECMF04-4HSM10YおよびECMF04-4HSWM10Yは、車載認証を取得しており、車載機器で想定されるサージに対する耐性が保証された業界初のコモンモード・フィルタ製品。AEC-Q101規格に準拠しているだけでなく、ISO10605によって規定されるような車載機器サージ耐性を持つよう設計/試験されている。

 両製品は、ADASにおいて重要な役割を担うカメラ、レーダー、ディスプレイ、マルチ・メディア機器などの高速データ・バス接続で使用されるディスクリートのコモンモード・チョークやLTCC(低温同時焼成セラミック)デバイスの置き換えとして省スペース化を実現するだけでなく、無線通信機器との電磁干渉も防止。3.5mm^2の実装面積と0.75mmの薄さを実現しているため、基板面積の削減、設計の簡略化、および部材コストの低減を可能にする。

 ECMF04-4HSM10Yは2.2GHzの帯域幅を備え、HDMI 1.4やMIPIをはじめとする通信インタフェースにおけるコモンモード・ノイズを抑制する。900MHzで-25dB、1.5GHzで-14dBという優れた減衰特性により、セルラー通信やGPSアンテナの放射ノイズによる感度低下を防止する。
 ECMF04-4HSWM10Yはさらに広い3.5GHzの帯域幅を備えており、LVDSやDisplayPort、USB 3.1、およびHDMI 2.0などにも対応可能。2.4GHzで-30dB、5.0GHzで-16dBの減衰特性を持ち、セルラー通信やGPSシステムに加え、Bluetooth機器やV2X(車車間・路車間通信)のWi-Fiアンテナを保護する。

 ECMF04-4HSM10YおよびECMF04-4HSWM10Yは現在量産中で、QFN10Lパッケージ(2.6x1.35mm)で提供される。単価は、1000個購入時に約0.20ドル。

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ