Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

セレンス:アメリカ英語に対応したターンキー型車載音声アシスタント 「Cerence ARK Assistant」を発表

  • 2020/05/15
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

Cerence Inc.(セレンス)は、アメリカ英語対応のターンキー型車載音声アシスタント「Cerence ARK Assistant」を発表した。

 この新製品は、セレンスの音声とAIイノベーションをベースに構築され、2019年12月に中国市場向けに発売された車載音声アシスタントに必要な機能とユーザーインターフェースをパッケージ化した、セレンス初のオフ・ザ・シェルフ製品を拡張させたもの。中国語およびアメリカ英語に加えて、他の言語でも製品を提供する予定。

 Cerence ARK Assistantは、セレンスが誇る性能、柔軟性、幅広い機能を保持しながら、車載音声アシスタントの迅速な開発、導入、管理を自動車メーカーに提供する。この製品は車載ソフトウェアとクラウドサービスを組み合わせたターンキー型の製品なので、自動車メーカーによる音声アシスタントの開発期間短縮を実現する。数十年にわたる技術革新、経験、サービスを組み合わせたCerence ARK Assistantは、主要車種にすぐ利用できるアシスタントとして市場の特別なニーズに応え、市場投入までの時間を50%以上短縮する。

 インテリジェントなAI音声アシスタントに対するドライバーからの需要が加速し続けている現在、自動車メーカーは競争力を維持するために、モデルイヤー(自動車の製造年度)の境界を越えてスピーディに展開する必要がある。米国オンライン・メディアVoicebot.aiの最新レポートによると、米国では車内での音声アシスタントの利用が増え続け、過去15ヶ月でアクティブユーザーが約15%増加している。さらに、米国の成人の約60%は、新車購入時に音声
アシスタントは検討要素であると回答し、そのうち20%は優先度が高いと答えた。

 セレンスのコア製品担当エグゼクティブ・バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるステファン・オルトマン氏(Stefan Ortmanns)は、次のように述べている。「車載音声アシスタントの利用が急激に増加し、消費者がアクセスを求めるようになる中、Cerence ARK Assistantは、自動車メーカーが競合他社に先んじて堅牢なソリューションを提供できる、画期的な製品として開発されました。これらの新たにパッケージ化されたイノベーションにより、セレンスは、最先端の音声ソリューションを提供してきた数十年の経験に加え、3〜6ヶ月の
短期間で製品を市場に投入できる俊敏性を自動車メーカーに提供します」

 自動車メーカーやサプライヤーは、音声アシスタントに対する消費者の需要に応えるために、これまでにないスピードで技術革新を余儀なくされているが、Cerence ARK Assistantを活用することで、最小限のカスタマイズやチューニングで、ドライバーや同乗者へ優れた車内体験とコンテンツ提供を可能にする。主な機能とメリットは以下のとおり。

・音声認識:最高レベルの認識精度
世界最高レベルの音声認識と自然言語理解技術を提供する。設定不要な音声アシスタントは、最高の認識精度だけではなく、最高のタスク完了率を誇る。
・音声出力:品質の高い音声合成
世界で最も自然で人間が話しているような音声合成(Text-to-Speech:TTS)は、ドライバーや同乗者に没入感のあるインタラクティブな車内体験を提供する。
・コンテンツとサービス:ダッシュボード上のコンシェルジュ
セレンスは、カーナビゲーション、音楽、目的地検索などのドメインやスキル、コンテンツサービスを音声でサポートし、パーソナルアシスタント体験を提供する。ルート案内、充電ステーション検索、トップ40のヒット曲検索などは各ドメインに対するセレンスの深い専門知識によって実現されている。
・車両統合:コックピットについてのノウハウ
セレンスは、20年以上にわたる車載音声アシスタントの開発経験および自動車に関する豊富な知識を活かし、Cerence Drive Assistantを車内にある数百のセンサーや、回路、システムと統合できるように設計している。市場に出回っている他の音声アシスタントは、車載環境への適応には様々な追加作業が必要になるが、セレンスの製品は車載専用として開発されている。
・データプライバシー:個人情報は財産
情報化時代の今日、データの重要性は非常に高い。セレンスは自動車メーカーおよび顧客データを保護し、顧客の個人情報を自社の利益に利用しようとするベンダーと情報を共有しない。
・オープンなプラットフォーム:コラボレーションを可能に
Cerence Drive AssistantはAndroid向けに開発されているが、そのほか多くのオペレーティングシステム(OS)に対応し、相互運用が可能。自動車メーカーは特定のOSに縛られず、QNX、Linux、LG、Microsoftなど、最適なOSを選択できる。
・柔軟性とモジュール化:独自の製品開発が可能
セレンスの提供するAI音声対話プラットフォームに独自機能を追加するための開発環境「Cerence Studio」、および、ワールドクラスのプロフェッショナルサービスチームのサポートを利用することで、自動車メーカーと製品開発者は独自の車内体験を開発することができる。

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ