Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース
  4. 国土交通省

三菱リージョナルジェット(MRJ)の型式証明取得に向けて着実に進捗 MRJ開発に弾み。三菱航空機、米国連邦航空局(FAA)からLetter of Authorization (LOA)を受領

  • 2019/03/28
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱航空機株式会社は、米国連邦航空局(FAA)によるMRJの型式証明(TC)飛行試験開始に向けて、 LOA をFAAより取得したと発表した。LOA取得にともない、FAAチームが型式証明の活動を支援するためにMRJに搭乗することができるようになる。2018年12月の国土交通省航空局(JCAB)からの許可取得に続くものだ。

 三菱航空機がFAAのLOAを取得したということは、MRJの開発の最終関門である型式証明(TC)取得のための飛行検査を開始してもいいということを意味する。航空機の型式証明は各国の航空局が発行するが、アメリカFAAのものがもっとも権威がある。当然、FAAの型式証明がないとグローバルでのビジネス展開は望めない。その意味でも、今回のFAAからのLOAの受領は、開発が遅れ気味のMRJにとって良いニュースと言える。

 三菱航空機は現在、ワシントン州モーゼスレイクでTC飛行試験を行なっており、LOA取得をうけ、すでにFAAのパイロットがMRJの慣熟飛行を2回行なった。

 三菱航空機の水谷久和社長は次のように述べている。

「FAAからのLOA取得は、MRJの開発やその発展における重要なマイルストーンです。型式証明計画を進めるにあたり、引き続きFAAおよびJCABと調整していきます」

 三菱航空機は当初から、MRJの型式証明フェーズにおいてFAAとJCABの双方が機体に搭乗して進める計画を示してた。

 三菱航空機の型式証明統括室 室長であるアンドリュー・テレスカ氏(Andrew Telesca)は、FAAとJCABがTC飛行試験に共同参加できるよう調整することがプログラムの優先事項のひとつであったことを明らかにするとともに、次のように述べている。

「日本の航空機メーカーとして、JCABと緊密に連携していることは言うまでもありませんが、飛行試験の拠点は米国にあることに加え、米国は最大のターゲット市場のひとつですので、JCABと同時にFAAも参加していただくことで、TC取得プロセスの効率化を図ることができます。さらに、JCABとFAAと緊密に連携することで、他国の航空当局との認証取得をより円滑にすることができます」

 アンドリュー・テレスカ室長はまた、次のように述べている。

「型式証明の取得に向け、各種活動は順調に進んでいます。私たちの飛行試験チームは現在、マッキンリー極限気候研究所において極寒酷暑のTC試験を完了させるために、飛行試験機4号機と共に米国フロリダ州エグリン空軍基地におります」

  MRJは、極寒と 酷暑の環境における稼動が可能であることを証明する試験に供されることになる。

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ