輸入車の最新モデルが大集合!現地からイベントレポートをお届け!【モーターファンフェスタ2024】ルノー、アルピーヌ、ロータス、シボレー、ジャガーのニューモデル

ルノー・カングークレアティフ(右)、アルピーヌA110 Rチュリニ(左手前)、1972年式アルピーヌA110 1600SC
本日2024年4月21日(日)開催、すでに多くの来場者が詰めかけている「モーターファンフェスタ2024 in 富士スピードウェイ」の出展ブースを現地からいち早く紹介。続いてA1パドックの出展エリアにブースを構える輸入車ブランドから!

輸入車の最新モデルに見て触れて楽しめる!

12番ピットのRENAULT(ルノー)は、ピット前に新型カングーの日本専売グレード・クレアティフのほか、メガーヌR.S.の最終モデル・ウルティムを、またピット内にはアルカナ E-TECHエンジニアードを展示している。

ルノー・メガーヌR.S.ウルティム

13番ピットのALPINE(アルピーヌ)は、ピット前に現行A110 SとA110 Rチュリニ、そして現行A110のルーツとなったクラシックA110の1972年式1600SCを披露。

アルピーヌA110 S

国産車メーカー各社の最新モデルからレーシングカーまで!一挙に紹介します!【モーターファンフェスタ2024】

本日2024年4月21日(日)、ただいま絶賛開催中の「モーターファンフェスタ2024 in …

また、ルノーとアルピーヌのグッズを販売。COX(コックス)がルノー各車用に設定するボディダンパー(ヤマハ・パフォーマンスダンパー)の体感コーナーも展開しているので、ぜひ試してみてほしい。

COXボディダンパーの効果体感キット。枠をハンマーで叩いた際の振動が大幅に減衰されているのがわかる

14番ピットのLOTUS(ロータス)は、最新モデルのミッドシップスポーツカー・エミーラと、ロータス初の電動ハイパーSUV・エレトレを出品している。

ロータス・エミーラ(手前)、エレトレ(奥)

15番ピットのCHEVROLET(シボレー)は、コルベットの誕生70周年記念ロゴをあしらった2023年モデルと、6代目カマロの日本専用最終モデル・ファイナルエディションを展示。

シボレー・コルベット(手前)、カマロファイナルエディション(奥)

C06ブースのJAGUAR(ジャガー)は、FペイスのPHEVモデル・R-ダイナミックHSE P4000eと、レンジローバースポーツ・オートバイオグラフィP400(ガソリンモデル)、いずれも2024年モデルを持ち込んでいる。

ジャガーFペイスR-ダイナミックHSE P4000e(左)、ランドローバー・レンジローバースポーツ・オートバイオグラフィP400(右)

この他にも希少な旧車・名車・最新モデルが勢揃いの「モーターファンフェスタ20204 in 富士スピードウェイ」、要チェックだ!

キーワードで検索する

著者プロフィール

遠藤正賢 近影

遠藤正賢

1977年生まれ。神奈川県横浜市出身。2001年早稲田大学商学部卒業後、自動車ディーラー営業、国産新車誌編…