新連載・トミカ × リアルカー オールカタログ / No.1 日産 スカイライン GT-R (BNR34)パトロールカー

トミカ × リアルカー オールカタログ / No.1 日産 スカイライン GT-R (BNR34)パトロールカー

発売から50年以上、半世紀を超えて支持される国産ダイキャストミニカーのスタンダードである『トミカ』と、自動車メディアとして戦前からの長い歴史を持つ『モーターファン』とのコラボレーションでお届けする連載オールカタログ。あの『トミカ』の実車はどんなクルマ?
トミカ No.1 日産 スカイライン GT-R (BNR34)パトロールカー(サスペンション可動・2021年11月20日より発売/希望小売価格450円・税抜き)
パトロールカーのベース車、BNR34型スカイラインGT-R Vスペック-Ⅱ。

スカイラインは日産自動車が発売する中型自動車です。その10代目にあたる、R34型と呼ばれるスカイラインは、1998年(平成10年)5月に登場しました。先代のR33型よりもボディのサイズを縮小してフットワークに優れた運動性能を獲得しながらも、車内はR33型と遜色のない広さを実現しているのが特徴です。

このスカイラインの中でも、自動車レースでの使用を主な目的として開発された高性能版車種には代々、「GT-R」のグレード名が与えられてきており(「GT-R」が存在しない代もあります)、簡単に言うならば「最も走るのが速いスカイライン」のことを指しています。R34型のスカイラインGT-R(BNR34型)は1999年(平成11年)1月にデビューしました。

埼玉県警ではそのBNR34型スカイラインGT-Rを高速道路交通警察隊のパトロールカーに採用しました。スカイラインGT-Rは代々、自動車レースで活躍してきており、日本でもトップクラスの速さを誇っています。つまり、どんなクルマも逃がさないパトカーなのです。

高速道路交通警察隊のパトロールカーは、スピード違反車両を逃がさないために、町中でよく目にする自動車警ら隊や所轄署のパトカーに比べて速く、走行性能が高くなくてはならないのです。8ナンバーがついているので特殊な改造が施されているように見えますが、実は基本的には市販車両と変わりはありません。

この埼玉県警が採用したパトロールカーも、実は市販車とそうそう変わりはありません。しかし、その市販車の仕様が非常に高く、2000年(平成12年)8月に登場した、量産車として初となるNACAダクト付きカーボン製エンジンフードやアルミ製ペダルが採用されたV-スペックIIをもとにしています。

現在では「GT-R」という独立した車種となったため、「スカイラインGT-R」としては、このBNR34型が最後となります。高速パトロールカーもまた、栃木県警のように新しい「GT-R」を採用するところが出てきています。

2021年4月14日に栃木県警と埼玉県警が合同で高速道路パトロールを行なった際の、新旧GT-Rパトカーのそろいぶみ。左が栃木県警のGT-R、右が埼玉県警のBNR34型スカイラインGT-R。(写真:栃木県警)
同じく後ろ姿。向かって右が栃木県警のGT-R、左が埼玉県警のBNR34型スカイラインGT-R。(写真:栃木県警)

この11月20に今までの「日産エクストレイル 消防指揮車」に替わって新たにトミカのNo.1となる「日産 スカイライン GT-R (BNR34)パトロールカー」は、この埼玉県警高速道路交通警察隊のパトロールカーをモデルにしています。ボンネットの上に立てられた、「バグガード」と呼ばれる透明板も再現されています。この「バグガード」はフロントガラスに虫や小石が衝突するのを防ぐために付けられている装備で、日本では高速パトロールカーならではのものと言えるでしょう。しかし最近では、衝突安全性を高めるため、この「バグガード」を装備しなくなってきていると言われます。

国産車の高性能化が激しかった1990年代は、それらの違反車両に追いつけるように各都道府県警がスカイラインGT-RやホンダNSXなど高性能国産車の高速パトロールカーを導入した。三菱GTOも代表的車種のひとつ。現在ではほとんどイベント用車両となっている。写真は茨城県警のHPの「かべがみ」コーナーで配布されているもの。(写真:茨城県警)

また、町中で見かけるパトロールカーには、昇降機付きの背の高い赤色回転灯が取り付けられているのに対し、高速パトロールカーには、屋根の上に直接、赤色回転灯が取り付けられているのが特徴です。これは高いスピードを出すために空力性能を高めるためと言われますが、空力性能の向上によって走行安定性を高めることで、乗っている隊員の安全性を高めるという目的もあるそうです。

■日産 BNR34型スカイラインGT-R Vスペック-Ⅱ主要諸元(パトロールカーのものではありません)

全長×全幅×全高(mm):4600×1785×1360

ホイールベース(mm):2665

トレッド(前/後・mm) :1480/1490

車両重量(kg):1560

エンジン:RB26DETT型(直列6気筒DOHCインタークーラー付ツインターボ

排気量(cc):2568

最高出力:206kW(280ps)/6800rpm

最大トルク:392Nm(40.0kgm)/4400rpm

サスペンション(前/後):マルチリンク/マルチリンク

ブレーキ(前/後) :ベンチレーテッドディスク/ベンチレーテッドディスク

タイヤ:245/40ZR18

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部