小型車並みの質感の高さが嬉しいスーパーハイトモデル「日産ルークスハイウェイスター」【最新軽自動車 車種別解説】

日産のスーパーハイトワゴン「ルークス」のカスタム系にあたるのが「ルークスハイウェイスター」。前方衝突予測警報や、前席の天井に装着されたスイッチでSOS発信が可能なヘルプネットなどの安全装備は、ハイウェイスターの全車に標準装着されている。クールなエクステリア、上質なインテリアや後席にも配慮された装備とともにすべてがハイクオリティだ。
REPORT:渡辺陽一郎(本文)/小林秀雄(写真解説) PHOTO:神村 聖 MODEL:森脇亜紗紀

充実の安全装備や運転支援機能 上質な車内はハイクラスな装い

日産と三菱が共同開発した全高が1700mmを超えるスーパーハイトワゴンで、日産ブランドがルークス、三菱はeKスペース&eKクロススペースを用意する。ルークスハイウェイスターの外観は、日産車に共通するV字型フロントグリルを強調した。エアロバンパー、ルーフスポイラー、アルミホイールなども標準装着され、見栄えをカッコ良く仕上げている。

エクステリア

クロームのフロントグリルやエアロバンパーなどの専用エクステリアを備え、ターボ車には15インチアルミホイールも標準装備。ボディカラーには4種類の2トーンも設定される。最小回転半径はグレードにより4.5mから4.8m。

内装ではインパネの周辺が立体的な形状で、各部のつくりは上質だ。インパネの上端部分は低めに抑えられ、フロントピラーの角度も立てて、前側には縦長のサイドウインドウも装着した。従って正面、斜め前方ともに視界が良く運転しやすい。

乗降性

内装ではオプションのプレミアムグラデーションインテリアを選ぶと、インパネに合成皮革が使われ、本物の糸によるステッチ(縫い目)も入る。シート生地には合成皮革とトリコットが用いられ、撥水加工も施した。質感はコンパクトカーと同等か、それ以上に向上する。装備も加わり、エアコンの新鮮な空気を後席へ送るリヤシーリングファン、後席のロールサンシェードなどを装着する。

インストルメントパネル

販売店オプションの9インチ大画面ナビゲーションやタッチパネル式オートエアコンが目を引くインテリア。軽自動車らしからぬ落ち着いたデザインと質感の高さが魅力だ。

全高が1700mmを超えるスーパーハイトワゴンだから車内も広い。身長170cmの大人4名が乗車して、スライド位置を後端まで寄せると、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ4つ分に拡大する。ただ、注意したいのが後席の形状。小柄な乗員に配慮したから、座面の前端に丸みを付けてあるため、長身の乗員が座ると、座面が短く感じられる。

居住性

荷室はリヤゲートの角度を直立させて容量が大きい。後席の背もたれを前側に倒すと、座面も連動して下がり、大人用の自転車も積める大容量の空間になる。ハイウェイスターの車両重量は950kg以上だから、自然吸気ではパワー不足を感じる場面もある。それでも実用回転域の駆動力を高めたので、街なかでは運転しやすい。坂道の多い地域のユーザーは、ターボにも試乗して判断したい。自然吸気の最大トルクは6.1kgmだが、ターボでは 10.2kgmに増加するから登り坂も走りやすい。14インチタイヤの自然吸気は、操舵感が少し鈍いが、乗り心地には粗さはなくバランスも取れている。 15インチのターボは、操舵感は少し機敏だが、乗り心地も硬めだ。街なかでは細かなデコボコを伝えやすい。

うれしい装備

月間登録台数   5137台 ルークスを含む (21年8月〜22年1月平均値)
現行型発表    20年2月(グレード追加 20年12月)
WLTCモード燃費  20.8 km/l ※自然吸気のFF車

ラゲッジルーム

安全装備も先進的だ。前方衝突予測警報は、ミリ波レーダーを使って2台先を走る車両も検知して、ドライバーから見えない場所での急ブレーキにも対応できる。前席の天井に装着されたスイッチでSOS発信が可能なヘルプネットも、ハイウェイスターの全車に標準装着した。インテリジェントアラウンドビューモニターも同様で、移動物検知機能も備わるから、歩行者などとの接触を防げる。運転支援機能のプロパイロットも選べる。以上のようにルークスハイウェイスターは、スーパーハイトワゴンの優れた居住性や積載性に加え、上質な内装、先進的な安全装備や運転支援機能も備わる。そこが選択の決め手になるだろう。

※本稿は、モーターファン別冊ニューモデル速報統括シリーズVol.140「2022年軽自動車のすべて」の再録です。

http://motorfan-newmodel.com/integration/140/

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部