足回りのスペシャリスト【T-DEMAND】が、新型ヴェルファイアの足回りを完全攻略!

走ってる!? 低さの伝道師が速攻着手! 衝撃的なローダウンフォルム、新型ヴェルファイアで達成

フロントにストラット、リアにダブルウィッシュボーン。主要諸元表を見れば30の足まわり構造が40へ踏襲されたことはわかるものの、新車デリバリーが満足に進んでいない7月現在で、足まわりメーカーの多くが30用アイテムが流用可能かの適合確認すら実施できていない状態だろう。しかし、そんな状況下で驚きのスタートダッシュをキメたのが、〝低さの伝道師〟として名を轟かせるティーディメンドだ。低さと使い勝手にこだわるユーザーから人気のエアサスを40ヴェルファイアへ投入しただけでなく、純ベタでの走行までも速攻コンプリート! 40で誰もが気になっているカッコ良さのポテンシャルを、デモカーでいち早く示してきた。

低いまま走るセッティング術、40系で即具現化!

さて、あまりの電光石火ぶりに「30用の足まわりが40へ流用可能!?」と考えてしまうところだが、答はNOだ。たしかに足まわり構造自体は変わらないが、フロントはアッパーマウントやナックル、リアはダンパーの取付角度などが変えられているので、30用を流用することは出来ない。

しかし、ティーディメンドは40デビュー直後に現車測定を完了し、デモカーが納車されるまでの1カ月弱で製品化を敢行。ユーザーへフィードバックするためにおこなうデモカーの煮詰めはまだまだこれからとのことだが、40で低さを極めるために頼るべき存在であることは明白だ。

アーム類も実装着! 激速で低さをフルコンプリート

さて、低さはエアサス投入によって実現できるが、〝低く走る〟となれば欠かせないのが調整式アームだ。これらアーム類に関しても基本構造自体は30踏襲なのだが、40は取り回しや固定形状が異なっているため30用流用は基本的に不可能となっている。

とはいえ、冒頭の純ベタ走行写真を見てもらえばわかるように、ティーディメンドは調整式アームまで含めてフルコンプリート。

ロールセンターを補正するイージープロ、パンプステアによるトーアウトを低減するタイロッドエンド、キャンバーセッティングの幅を広げるフロントロアアーム&リアアッパーアーム、スムーズなアンチロール性能を発揮させるショートスタビリンク、車高にあわせた光軸補正を可能にするレベリングアジャスターなど、ティーディメンドの代名詞として知られるプロアームは30同様の充実展開だ。

いずれも低さと走りの双方を極めるために欠かせないアイテムとなるため、セットアップ時には積極的に活用していきたい。

車高調やブレーキキットもスタンバイ中

今回はエアサスと調整式アームをクローズアップしたが、ティーディメンドでは生足派に人気のプロダンパー・ベーシックキットやスリム設計でホイールマッチングの幅を広げるブレーキシステムも40適合を済ませている。なお、車高調セッティングで悩ましいのはスプリングレートのチョイスだが、田中代表いわく「30同様に40もリアは別体式スプリングなので、リア基準でフロントとバランスさせるアプローチで問題ない」とのこと。乗り心地なども考慮して推奨しているリア8㎏/㎜(H180)を基準として、狙いの低さにあわせて10㎏/㎜(H160 )や16㎏/㎜(H120)を選択できそう。なお、リア8㎏/㎜の場合はフロントは7㎏/㎜(H180)が推奨値となっている。

新型アルファード&ヴェルファイア カスタム速報 まとめはこちら

STYLEWAGON(スタイルワゴン)2023年9月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

フェイスを引き締めるフードトップスポイラーで、40系新型ヴェルファイアを威風堂々したスタイルに!

すでに納車待ちの列がなが~くなってきているという話の新型アルファード&ヴェルファイア。カスタ…

唯一無二の新型ヴェルファイア・スタイルを目指す、アグレッシブな造形美はさすがロェン!

すでに納車待ちの列がなが~くなってきているという話の新型アルファード&ヴェルファイア。カスタ…

40アルヴェルにアウトレット!? シルクブレイズのリアコーナーダクトに注目!

すでに納車待ちの列がなが~くなってきているという話の新型アルファード&ヴェルファイア。カスタ…

キーワードで検索する

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon