フラッグシップモデル【クレンツェヴィルハーム 】のEVOモデル、今年も健在!

究極のフィンデザインをモノブロックスタイルで味わう【Kranze/Vierharm 225EVO】2022年最新ホイール

ファンから待望のイヤーモデルとして、アツく支持されるクレンツェ。ハイエンドの3ピースモデルと同時発表となるのが、モノブロックのEVOモデル。今作も必見。

4系統の3Dスポークが織りなす至極の鋳造美

【Kranze Vierharm 225EVO(クレンツェ/ヴィルハーム 225エボ)】
クレンツェが毎年発表するイヤーモデルは、一年に一度だけの新デザインという希少性と、ウェッズのフラッグシップであるという優越が備わるため、最高級カテゴリーにあるアルファード&ヴェルファイアの足元にこそ相応しい。

そんなイヤーモデルは荘厳な3ピース構造となるのがお約束だが、その意匠を受け継ぎながら、1ピース構造へと変換されたエボモデルも必見だ。

2022年のイヤーモデルであるヴィルハームをモノブロック化したこの225エボは、単に構造を変更しただけでなく、各部のライン調整や曲面の調律など、意匠はそのままで新たにリデザインされたもの。

4系統の3Dスポークを組み合わせた独創のフィンスタイルは健在だが、3ピースモデルでは実現できない強烈なリムオーバー形状がプラスされていて、その大口径感がまさに破格な一本だ。

超大口径の22インチも設定されるが、実際に装着するとそれ以上の大口径に見えるのが圧巻。

全サイズ、フローフォーミングなのも有益だ。

COLOR Variation

MATCHING DEMO CAR/AIMGAIN ALPHARD

SPECIFICATION
SIZE      H-PCD     PRICE
18×7.5J    5-114.3    8万6350円
19×8.0J    5-114.3    9万7350円
20×8.5J    5-114.3    11万550円
21×9.0J    5-114.3    12万3200円
22×9.0J    5-114.3    12万7600円
COLOR●SBC/ポリッシュ
CONSTRUCTION●鋳造1ピース[FLOWFORMING]

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon