アウトドアシーンでの利便性を求めたカスタムパーツの開発! 2022年は新たなチャレンジを!!

アウトドアカスタムの創造を!【カスタム未来予想図2022】ライフスタイルとリンクしたカスタムスタイルの新提案

カスタム好きにとって、新年が明けたらまず〝今年は一体何が流行るんだ⁉︎〟ということを考えるはず。東京オートサロンをはじめとしたカスタムカーショーで流行をさらうもよし、SNSを中心としたWEBからも情報を探すも良しとその方法はまさに沢山。2021年流行ったことを振り返りつつ、今後のカスタムシーンを占うキーワードを厳選してお届けします。

アウトドアユースのニーズに見合った提案を!

▶▶▶【カスタム未来予想図2022】まとめはこちら

フランクフルトショー視察の際に、ヨーロッパの街中で見たステーションワゴンの台頭に刺激を受け、1944年、日本ではまだ見ぬワゴンカスタムの専門ショップとしてオープンしたニューズ。

当時はセダン、クーペが主流の中、まだ商用車的な意味合いが強かったステーションワゴンに目を付けたのは、ニューズ代表の今村氏。レガシィやアコードワゴンのカスタムを皮切りに、迎えたミニバンブームでシーンの最先端を走り、間もなく30周年を迎える。

その間、自社オリジナルのエアロブランド「ニューズデザイン」やホイールブランド「ヴァルケン」を手掛け、2017年からは、カーAV大手「アルパイン」との協業で、コンプリートカー販売を兼ねたショップ「アルパインスタイル」を立ち上げる。

2022年1月には5店舗目となるアルパインスタイル埼玉R4もオープン。今なおカスタムの先頭集団のひとつとして活躍する。そんなニューズを長年けん引してきたBOSS、今村氏に2022年のカスタムシーンをサキヨミしてもらった。

「ここ数年は、プロショップとしてのみではなく、アルパインスタイルブランドのボディーパーツやコンプリートカー開発などをニューズとして手掛けてきました」。スタイルワゴンにも幾度となく登場するブランドであり、筆頭のアルファード、ヴェルファイアをはじめ、ノア、ヴォクシー、さらにはハリアー、C-HRなどのSUVカスタムにも力を入れるなど、幅広くシーンを賑わせてきた。そんな中、今村氏が2022年の新たな展開として進めているのが「アウトドアカスタムの創造」だ。

アウトドアカスタムとは、キャンプなどの趣味を持つアウトドアユーザーが楽しめるカスタム。

「アウトドアユーザーにとっては、これまでの定番メニューであったインチアップやローダウンが必ずしも正解ではない。段差があるような路面ではローダウン車は厳しいし、自然を背景に大口径&薄い偏平タイヤが似合うかどうかも悩ましいところです。そこで、これまで主軸となってきたアルファードやハリアーなどのローダウン&インチアップ系カスタムに加え、アーバンでもアウトドアでも楽しさを得られるカスタムを新たに提案していきます」とのこと。確かに今年もアウトドアブームは続く兆しであり、それに伴い、クルマのオフ系カスタムも更なる盛り上がりが予想できる。これからは、「クルマだけがかっこいい」時代ではなく、乗り手のファッションやライフスタイルともリンクしたカスタムが求められる時代なのかもしれない。

すでにアルパインスタイル、ニューズはアウトドアカスタムの新提案に向けて始動中だ。先だって、2021年12月にオープンしたアルパインスタイル名古屋155ではアウトドアカスタムに力を入れることを宣言。アルパインスタイルとしては、ボディパーツはニューズデザイン、ホイールはヴァルケン、カーAVはアルパインとすることを再定義し、新たな波の先端を目指している。

「ニューズデザインとしては、アウトドアカスタムに向けた新シリーズACラインを立ち上げ、ジムニーシエラ、プラド、RAV4はすでにデビュー。ジムニー、新型ランドクルーザーのボディキットも開発中です」。さらには、ヴァルケンにおいても、新型ランクル用の鍛造22インチ「LSNフォージドR」や、16/17インチのオフ系ホイール「ローツェ」のリリースがもう間もなくだ。

「アルパインスタイル、ニューズが提案するアウトドアスタイルには、本格的なキャンプとまではいかないが、海浜公園、野原、砂浜、山でのデイタイムを過ごしたいというライトユーザーのニーズも含まれます。見た目だけではなく、アウトドアシーンでの利便性を求めた機能的パーツも提案したい」という。より多くの人にクルマのカスタムの楽しさを知ってもらいたいという思いが今村氏の構想にあるそうだ。

スタイルワゴンとしても、2022年はこれまで以上にオフ系カスタムへのアンテナは高くあるべきと考えている。10数年前はVIP、アメリカン、アウトロー、ユーロなど、ローダウン&インチアップ系カスタムの中で様々なジャンル分けがされていたが、今後はミニバンでもSUVでもKカーでも、ローダウンorオフ系と言える位、オフ系カスタムの勢いが迫ってきそうな勢い。これもまた楽しみだ。

アルパインスタイルの新提案は東京オートサロンで披露

新シリーズ「ACライン」本格始動!

ニューズデザインのオフ系シリーズ「ACライン」としての登場を待たれる新型ランクル、JB64ジムニーのボディキット。上質さとワイルドさを兼ね備えた絶妙なボリュームとデザインが魅力。

新型ランクル専用鍛造22インチ

オフ系ホイール「LHOTZE」

30系アルファードのバンパーも登場!

アルパインスタイルは新店続々

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon