純正配線を加工することなくチューンアップウーファーやチューンアップツィーターを取り付けできる

【トヨタ純正ディスプレイオーディオ攻略】スピーカー出力を加工なしで取り出す方法って!?

アルファード&ヴェルファイア、ハリアー、RAV4、C-HRなど様々な車種に純正採用されているトヨタのディスプレイオーディオ。スマホとの連動はシンプルで使いやすいけど、カスタムしづらいですよね、スピーカー配線を無加工で引き出して、サブウーファーやツィーターを追加できる配線キットが出ました!

BeatSonic
ビートソニック/スピーカー出力取り出しケーブル「BH10」

ビートソニックから、トヨタ純正ディスプレイオーディオからスピーカー出力を取り出すケーブル「BH10」が発売された。

トヨタ車には純正装着されることが多いディスプレイオーディオだが、カスタム好きにはちょっと不評。スピーカー入出力や映像入出力に手間がかかり、カスタムしづらいのだ。

例えばサブウーファーやツィーターなどを追加したい場合、スピーカーへの信号を、追加するサブウーファーやツィーターへと分配するが、これまでディスプレイオーディオであれば純正配線を加工する必要があった。

このビートソニックの「BH10」を純正10ピンカプラーとの間に配線することで、純正配線を加工することなく、スピーカー出力を取り出すことができる。

分配される信号はフロントスピーカー、リアスピーカーと分かれているので、サブウーファーだけ、ツィーターだけといった装着が可能。また、「BH10」を取り付けても純正車両スピーカーはそのまま使用できる。

ただし、取り付け可能なのはディスプレイオーディオ車のみで、JBLプレミアムサウンドシステム付車やスーパーライブサウンドシステム付車、ディーラーオプションナビには適合しない。

1 / 5

「【トヨタ純正ディスプレイオーディオ攻略】スピーカー出力を加工なしで取り出す方法って!?」の1枚めの画像
「BH10」を純正ディスプレイオーディオと10ピンカプラーの間に割り込ませることで、スピーカー出力を取り出すことができる。

2 / 5

「【トヨタ純正ディスプレイオーディオ攻略】スピーカー出力を加工なしで取り出す方法って!?」の2枚めの画像
もちろんウーファー、ツィーターの同時装着もOK。「BH10」の配線はギボシ端子付きなので手間なく装着できる。

3 / 5

「【トヨタ純正ディスプレイオーディオ攻略】スピーカー出力を加工なしで取り出す方法って!?」の3枚めの画像
ツィーターを装着する場合は、フロントスピーカー用配線に取り付ける。ネットワーク付のツィーターを使用する。

4 / 5

「【トヨタ純正ディスプレイオーディオ攻略】スピーカー出力を加工なしで取り出す方法って!?」の4枚めの画像
サブウーファーを装着する場合は、リアスピーカー用の配線にウーファーの入力端子を取り付ける。

5 / 5

「【トヨタ純正ディスプレイオーディオ攻略】スピーカー出力を加工なしで取り出す方法って!?」の5枚めの画像
「BH10」を純正ディスプレイオーディオと10ピンカプラーの間に割り込ませることで、スピーカー出力を取り出すことができる。

<strong>【PARTS SPECIFICATION】</strong>
●商品名:スピーカー出力取り出しケーブル「BH10」
●価格:3,850円(税込)
●適合車種:アルファード/ヴェルファイア(R02.01〜)、カムリ(R01.10〜)、カローラ(R01.09〜)、カローラスポーツ(R01.09〜)、カローラツーリング(R01.09〜)、グランエース(R01.12〜)、C-HR(R01.10〜)、C-HR GR SPORT(R01.10〜)、ヤリス(R02.02〜)、ヤリスクロス(R02.08〜)、GRヤリス(R02.09〜)、ハリアー(R0 2.06〜)、プリウス(R03.06〜)、RAV4(R02.08〜)、RAV4PHV(R02.06〜) ※純正ディスプレイオーディオ付車

問:ビートソニック 0561-73-9000

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon