差し色にメッキを使ったアプローチが映えまくりのデリカD:5! 

過去最大のスケールのイベント! デリカ王道のスキッドプレートをメッキ加工!【デリカファンミーティング2022_気になる参加車10選】メッキ×黒×赤の配色で個性的スタイルに!

【DELICA FAN MEETING 2022 Vol.2】ヨンクの老舗誌『レッツゴー4WD』が主催する「デリカファンミーティング」。毎年500台やら600台やらととんでもない数のデリカが集結するイベントで、今年は6月12日に山梨県のふじてんリゾートで開催された。なんと今年は1000台超が集まる過去最大のスケールに! 他出版社ながらもスタワゴもブース出展をさせて頂きました! ユーザーカーにメーカー出展、そんな激アツだったデリカ三昧の世界をレポートします!

004.メッキの輝きを求めて、専門業者に加工を依頼

黒いボディに大好きなメッキと赤を追加して、3色でコーディネイト。大半のメッキパーツは各社の市販品を使っているが、オートフラッグスのバンパーガードは下のスキッドプレートも色を合わせたくてメッキ加工を施した。カディスのデイライトも枠の部分をメッキ加工して、唯一無二のフロントマスクに。赤の配色にもこだわり、フェンダーのダミーボルトなど小さな部品も妥協なし。

【SPEC】●ホイール:ワーク・クラッグ ガルバトレ(16×8.0J)●タイヤ:BFグッドリッチ(245/70)●エクステリア:サイドステップ&オーバーフェンダー=ジャオス、バンパーガード&ルーフラック=オートフラッグス、ヒッチメンバー=サントレックス●足回り:スプリング=TGS●マフラー:ジャオス

005.全方位スキがない、LEDライトバーメイク

オフロードスタイルに欠かせないライトバー。ガンダム.D5さんはその強烈な光に惚れ込み、前後左右に設置。フロントまわりはマドリスのガードに取り付けたほか、グリル内部にスポットライトとLEDテープを仕込んでナイトシーンでアピール。ルーフラックは4×4マチヤマの特注品で、ライトバーの装着を想定したデザインとなる。内装は追加メーターなど走りを意識してカスタマイズ。

【SPEC】●MKW・MK-66(16×8.0J+15)●タイヤ:ヨコハマ・ジオランダー(265/75)●エクステリア:オーバーフェンダー=マドリス、ルーフラック=4×4マチヤマ特注、サイドステップ=自作●足回り:スプリング=TGS、ショック=ビルシュタイン●マフラー:エルフォード

006.アクティブギアに相応しい、オレンジマーカーで彩る

ken2さんのデリカD:5は、オレンジの差し色が映えるアクティブギア。グリルやサイドステップに仕込んだマーカーもオレンジでコーディネイト。まわりのデリカ仲間の影響で光モノにハマり、今後はルーフマーカーを付ける予定とのこと。フロントまわりは迷彩シートを貼ったハートランドのスキッドプレート、リアはカディスのトレイルヒッチとエルフォードの4本出しマフラーで魅せる。

【SPEC】●ホイール:クリムソン・MGビースト(16×8.0J±0)●タイヤ:グッドイヤー・ラングラー デュラトラック(255/70)●エクステリア:サイドステップ=マッドジェイソン、オーバーフェンダー=TGS、ヒッチメンバー&マッドフラップ=カディス●足回り:車高調=ジャオス●マフラー:エルフォード

▶︎デリカファンミーティング2022 まとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon