KeePerのボディコーティングはやって正解! 洗車の回数が減ったのに、キレイなボディをしっかりキープ!

雨が降れば汚れが流れる!? 施工後は洗車でサクッと水洗いするだけでOKでした! KeePer のボディコーティング【ECOプラスダイヤモンド】の実力が凄かった!

愛車をキレイにキープするために不可欠なボディコーティング。なかでも人気&話題なのがキーパーコーティング。最近ではガソリンスタンドでも施工できるなどより身近な存在に。以前紹介したコーティングの後日談をレポートします!

施工後2カ月、ボディコーティングの効果を検証!

以前紹介した「キーパーのボディコーティング」。コーティングのプロフェッショナルであるご存じ「キーパー」の実力をレポートしたが、今回はその後日談。

2006年式という16年も前の逆輸入車「スバル・トライベッカB9」。当然ボディの塗装も劣化してきたのもあり、約3年前にスバルの現行車でも設定されている「クールグレーカーキー」で全塗装をした。あまり汚れが目立たない色ではあるが、駐車場が野ざらしの屋外ということもあり、いつもキレイに保つのは正直難しかった。

それが、キーパーのコーティング後は同じ状況で駐車しているにもかかわらず、汚れの具合がかなり少なくなったのだ。さらに、雨が降った次の日には、水洗い洗車をしたかのように汚れが消えている。もちろん、いままで雨の後は水アカが普通に残っていたのに、それもほとんど無し。これは、汚れの密着を防ぐ「ECOプラスレジン被膜」という今回のECOプラスダイヤモンドキーパーの特徴のひとつ。そんな効果もあり、2〜3週間に1度は洗車をしなければいけなかったのが、多くても1ヵ月に1回、洗車機でバァ〜っと水洗いしちゃえば十分になった。

施工後2ヵ月たったいま、トライベッカのボディサイズだとコーティングの料金は10万円を超えるが、それが高すぎと思わせないほどの効果を実感できている。

また、「ECOプラスレジン被膜」の層の下には「高密度ガラス」が施工されていて、これが塗装に奥深い濃いツヤを与えてくれる。コーティング後の実車を見た人が「何か深みのある色でキレイだね」と言ってくれるほど。自分で思うだけでなく、他の人にそう言われると、より納得して、ついついニコニコしてしまう。

この「ECOプラスダイヤモンドキーパー」は、ノーメンテナンスで3年の耐久力。1年に1回のメンテナンスをすれば5年耐久というから、それもまた楽しみ。今後もタイミングを見て、このキーパーコーティングのレポートを続ける予定だ。

●ECOプラスダイヤモンドキーパー価格

SS7万2200円
S7万9900円
M8万7600円
L9万3200円
LL10万2900円
XL13万1400円

●超撥水ガラスコーティング価格

フロントのみ3620円〜3850円
全面8030円〜9580円

2層構造のガラスコーティング

ガラスコーティングの効果も継続中

1ヵ月点検にも行ってきた!!

全国のキーパーラボ各店はHPをチェック 

▶KeePer LABO潜入レポート まとめはこちら【全6回】

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon