車高を上げ下げできるエアサスだから可能なスタイル! アルファードで規格外のローフォルムを具現化!【TOYOTA・ALPHARD & VELLFIRE最新User Style】

ココまで車高を下げられるの!? フルアームやエンジン&メンバーのアゲ加工など、足回りを完全攻略!【アルヴェル2022最新ユーザースタイル】

受注が停止され、新型発売のカウントダウンも始まったアルファード&ヴェルファイア。とは言うものの、現行30系をはじめ、先代20系、初代10系と、依然としてカスタムシーンでは絶大な人気を獲得中。各地で行われたイベントやオフ会に集まったオーナーたちの愛車で、2022年の最新スタイルをチェック。今後のカスタムの参考に、ぜひ役立ててほしい!お邪魔したイベント&オフ会はこちら→【アルヴェルネーションワイド 5周年ミーティング(愛知県)】【Club Alphard 第11回全国オフ(静岡県)】【2022フォルテラグーナミーティング(愛知県)】

どこまで下げられるかを極めた、極低車高のアルファード

フロントリップの中央部分にのみ、ACCのフロントフラップを装着しているが、それ以外の余計なモノはいっさいプラスしないという潔さ全開の純ベタスタイリング。どこまで下げられるに徹底してこだわり、カズサス&ACC製のエアサスにフルアーム、エンジン&メンバーのアゲ加工など、見た目はシンプルながらも圧巻の大加工を随所に投入。視線をクギヅケるスラムドシルエットを実現している。ちなみにキャンバーは停車時で前後ともに16度以上、走行車高でもフロント13度、リア15度と圧巻。ホワイト基調のコーデも好感。

OWNER/みっちゃんさん
「足まわりの加工から塗装まで、カスタムはすべて自分でやっています。新型アルファードは、初期は様子見で。改良後に考えます」。

SPECIFICATIONS
■ホイール/レオンハルト・グラウベ(20×F9.5−10 R10.0−27) ■タイヤ/グリーンマックス(F225/30 R235/30) ■チューニング/エアサス=カズサス(F)&ACC(R)、ブレーキ=アヴァンツァーレ、ハイパーエアインテーク

ALPHARD & VELLFIRE 最新USER STYLE まとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon