大鶴義丹×200ハイエースsupported by BLiTZ 【短期集中連載 VOL.1】

大鶴義丹氏、趣味や仕事でマルチに使える相棒としてハイエースを選ぶ【大鶴義丹 x BLiTZ 短期集中連載VOL.1】

俳優、小説家、そして映画監督としても活躍する大鶴義丹さん。オートバイ、クルマの愛好家としても知られているが、そのどちらも本気のカスタムを楽しんでいる。そんな大鶴さんのハイエースカスタムをサポートしているのが、総合チューニングメーカーのブリッツ。実はブリッツ山口代表と大鶴さんは高校時代の同級生。ブリッツ山口代表との出会いから、大鶴さんの愛車へのこだわりまで、短期集中連載でお届けします。

人生を愉しむ大人のカスタムライフ with トヨタ ハイエース

大鶴義丹 ハイエース カスタム バイク 200系 ハイエース ブリッツ
(左)大鶴義丹さん、(右)ブリッツ 代表取締役社長 山口 聡さん

外装色、内装の質感に惚れた特別仕様車“ダークプライム”

べテラン俳優として渋味を増し、ますます活躍の場を広げている大鶴義丹さん。趣味や仕事でマルチに使える相棒としてハイエースを選び、オフの際には趣味のオフロードバイクやキャンプなど、アグレッシブな日々を送っている。

以前、所有していたのは60ハリアーだった。しかし車中泊をするには厳しいし、バイクを積み込むこともできない。そこで浮上したのが、高い利便性を備えるハイエース。特別仕様のダークプライムにしかないこの限定色「ボルドーマイカメタリック」に惚れ込み、約3ヵ月探し回ったという。

こだわりはボディカラーのみならず、細部に至るまで大鶴さん流のカスタマイズが施される。スタイリッシュにまとめあげつつ、車内にはベッドキットを組み込むなど、使い勝手を高める工夫をしているのも見どころだ。

そんな“大人のカスタムライフ”を応援しているのが、高校時代の同級生でもあるブリッツの山口代表。きっかけは、かねてから要望が多かったという2.7L仕様のスーパーチャージャーキットの開発。

その際に大鶴さんのハイエースに白羽の矢が立った。以来、よりよいパーツ開発を行うためのご意見番のような役割も担っている。

実際に、スーパーチャージャー装着の効果は絶大で、大型バイクを載せたトレーラーを牽引する際もストレスなく走り回れる。また足まわりには、減衰力のフルオート機能を搭載したダンパーZZ-RスペックDSCプラスがセットされておりロングドライブも苦にならないと、理想のハイエースに仕上げられているようだ。

第二弾記事では、そんな大鶴さんの充実したカスタムライフにズームイン。本誌でしか語られない素顔に迫ります!!

 

1 / 3

「大鶴義丹氏、趣味や仕事でマルチに使える相棒としてハイエースを選ぶ【大鶴義丹 x BLiTZ 短期集中連載VOL.1】」の1枚めの画像

2 / 3

「大鶴義丹氏、趣味や仕事でマルチに使える相棒としてハイエースを選ぶ【大鶴義丹 x BLiTZ 短期集中連載VOL.1】」の2枚めの画像

3 / 3

「大鶴義丹氏、趣味や仕事でマルチに使える相棒としてハイエースを選ぶ【大鶴義丹 x BLiTZ 短期集中連載VOL.1】」の3枚めの画像

【SPECIFICATION】
▪BASE CAR ハイエース(平成28年式・2.7スーパーGL・ワイドミドルルーフ)
▪WHEEL エンケイ・S.A.M CARGO(17インチ)
▪TIRE ファルケン・W11(215/60-17)
▪AERO F/S/R/ボンネット=ブリッツ・エアロスピードRコンセプト、テールレンズ=ダズフェローズ
▪INTERIOR ベッドキット=オグショー
▪TUNING 車高調=ブリッツ・ダンパーZZ-R スペックDSCプラス、スーパーチャージャーキット=ブリッツ


大鶴義丹 おおつるぎたん
1968年、東京生まれ。俳優、小説家、映画監督。10代の頃から楽しんできたオートバイは、アマチュアレースにも度々参戦し、オートバイ雑誌にて10年以上の連載コラムを持つ。ハイエースで牽引するホンダ アフリカツイン以外にも複数台所有する。2021年8月中旬現在、映画「めぐみへの誓い」ネット配信中。舞台「BACK TO THE MEMORIES」公演中。
https://ameblo.jp/gitan1968

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon