大鶴義丹×200ハイエースsupported by BLiTZ 短期集中連載 最終回(第4回)

カスタマイズをサポートする社長は同級生!?【大鶴義丹 x BLiTZ 短期集中連載VOL.4】

俳優、小説家、そして映画監督として活躍する大鶴義丹さん。多彩な趣味を持つ中で、とくにこだわりが強いのが愛車ハイエースのカスタム。
最終回となる今回は、それをエクステリアからチューニングとトータルで支えた。ブリッツの山口社長との対談でお届けします。

2.7ℓ用スーパーチャージャー「大鶴のを借りて開発しようか」

SW おふたりが知りあったのはいつ頃のことでしょう?
大鶴 高校時代ですね。隣のクラスだったのでよく覚えています。
山口 そうそう。そこからの付き合いだよね。
大鶴 その頃はみんなバイクやクルマに夢中だったよね。オレは途中から編入したので高2の夏には免許を持っていて、みんなで海に行ったりしたな。
山口 当時はバブルだったもんね。ウチは厳しくて、免許すら取らせてもらえなかったけど。
大鶴 オレは親のシティカブリオレを乗り回していたよね。いきなり92レビンを新車で買ってきたヤツとかいて、うらやましがったり(笑)

SW 楽しそうな学生生活ですね。それからずっと一緒ですか?
山口 高校を卒業してから別々の道を進んで、暫くは会っていなかった。大鶴は『首都高トライアル』で主演してどんどん有名になって、いいなぁって思ってみてた。稼いでいるんだろうなって(笑)
大鶴 オレが大学に行ったり、進路が別々になったからね。映画に出るようになって女のコにはモテたけど、色々と大変だったよ。
山口  15〜16年前、何かの拍子で連絡を取ったんだよな。そしたらお互いの家が近いことが分かって、よく会うようになった。
大鶴 そしてハイエースを買ったときかな。ブリッツにカスタマイズをサポートしてもらうようになったのは。
山口 ちょうどウチでも、それまで挑戦したことのないハイエースをやろうって頃合いだったんだ。そしたら大鶴がそれまでのハリアーから乗り換えるっていうから、さすが分かってるなって。
大鶴 ハイエースなら車内にバイクも載せられるからね。
山口 そして2ℓ車用のスーパーチャージャーを発売したら、2.7ℓ用はないのか? って声が意外に多かった。それなら大鶴のを借りて開発しようかって。
大鶴 スーチャーを付けたら加速もいいし、すごくラクになったよ。
山口 荷物を沢山積んでも加速が鈍くないように、実用トルクを重視しているからね。開発するうえで色んな状況下で使ってもらって意見をもらったな。
大鶴 オレは辛口だけどね。

車内から気軽に減衰力を変えられるのが凄く便利

SW 足まわりはダンパーZZ-RスペックDSCプラスが装着されているんですよね? そのあたりはどうですか?
大鶴 昔、アストロに乗っていたこともあってか、普段乗りではアメ車みたいに柔らかめの足が好きなんだよね。だけど高速道路ではピシッとさせたい。
山口 ハイエースって荷室が空で走る時もあれば、荷物を満載することも。色々な使われ方をするからどこに照準を絞るかが難しい。快適さを失わないよう減衰力で幅を持たせたけど、開発には苦労したよ。
大鶴 車内からボタン操作ひとつで、気軽に乗り心地を変えられるのは便利だよね。それが当たり前になっちゃって、今ではないのが考えられないってくらい。
山口 そういえば男ふたりで、伊豆にスキューバーダイビングにいったこともあったよな。
大鶴 高速では減衰力をビシッと固めて。そうするとラクだから。
山口 でも、下道では乗り心地が硬いのはイヤだからって、減衰力を最弱の32段目にしたりして。
大鶴 そのあたりの感覚はふたりとも近いものがあるかも。
山口 歳を取ってくると若い頃とは感じ方も変わるよね。結婚すると奥さんの意見もあるし。幅広いニーズに応えられるのが、スペックDSCプラスのいい所だと思うよ。



【SPECIFICATION】
▪BASE CAR ハイエース(平成28年式・2.7スーパーGL・ワイドミドルルーフ)
▪WHEEL エンケイ・S.A.M CARGO(17インチ)
▪TIRE ファルケン・W11(215/60-17)
▪AERO F/S/R/ボンネット=ブリッツ・エアロスピードRコンセプト、テールレンズ=ダズフェローズ
▪INTERIOR ベッドキット=オグショー
▪TUNING 車高調=ブリッツ・ダンパーZZ-R スペックDSCプラス、スーパーチャージャーキット=ブリッツ


著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon