前後エアロバンパーで存在感が増大

アドミレイションの大人ヴェルファイア! メイクの秘訣は純正メッキを抑えたフルバンパー仕上げ!

ベルタ独自のスポーティ感を最大限に演出するため、純正メッキを省いたのがポイント。プロショップによる技が光るこのドレスアップは、30ヴェルファイアユーザーの参考になるはずだ。

バンパースポイラーで際立つ! 圧倒的存在感と優越感に注目!

歴史を刻む老舗エアロメーカー、アドミレイションが提案するラグジュアリースタイルを表現したフルバンパーブランド「ベルタ」。全方位、全身隙なく展開する、その上質なコンプリートスタイルをぜひ満喫して欲しい。

Admiration Belta/アドミレイション ベルタ

30 VELLFIRE(MC後)

1994年にエアロメーカーとしてブランドスタート、今では四半世紀を越える老舗ブランドのアドミレイション。ハイエンドセダンをはじめ高級ミニバン用エアロパーツも数多くリリース、そのラインアップには10にも及ぶ細分化されたエアロライン、120タイプ以上のエアロスタイルを網羅。圧倒的なそのブランド力は他の追随を許さない。

高級Lクラスミニバンのヴェルファイア用としては4種類を揃える。大胆かつ上質感あふれる造形美でブランドのフラッグシップを飾るシンプルハーフな“リチェルカート”、スポーティな雰囲気に磨きをかけたハーフタイプの“デポルテ”、純正ボディラインをリスペクトしつつさりげなくも存在感のある造形美に仕立て上げたフラップエアロの“LSC”、そしてここに紹介する“Belta(ベルタ)”というのがそのラインアップの全貌だ。

このベルタ、高級感と圧倒的な存在感を堪能できるフルバンパー仕様。フルバンパーはブランドからのメッセージが色濃くアピールできる点でもポイントが高い。デザインの自由度も高く、そのデザインコンセプトはラグジュアリースタイルの追求。特にヴェルファイアの純正特有のギラギラとしたメッキ感には賛否分かれるところもある。そのメッキ感を抑えたい……というオーダーには、このフルバンパータイプを選べば、その抑制効果は絶大だ。

特徴的なフロントまわりを見ていくと、フォグ&LEDランプまわりにはベルタのアイデンティティでもあるスリットデザインを進化させ、4本のフィン構成でランプ類をフローティングしたかのようなセッティング。さらにベルタ専用品となるフラップタイプのフロントアンダースポイラーも装着。フロントバンパーグリル下部には、クロームモールが2本配置され、さりげなくメッキ感もアピール。細部には4連のLEDスポットキットなども用意される。

リアへと目を移すと、リアバンパーはV1からV3まで用意されるほどそのラインアップは盤石だ。サイドステップはグレードに合わせて2タイプを用意。ルーフウイングやゲートウイングなどあらゆるパートに、らしさ溢れるエアロパーツを取り揃えているのだ。

ヴェルファイアは今年4月の一部改良で、GOLDEN EYES Ⅱの1グレードのみの設定となっただけに今後貴重な存在であるとともに、アルファードに比肩する魅力的なベース車だ。カスタムする際の愛車を彩るパーツの最右翼として、このベルタはかなりオススメな存在と言えよう。

フロントバンパースポイラー

左右ダクト内には4連LEDのスポットキット(オプション)をセット。バンパー下部にはベルタ専用となるフロントアンダースポイラー・カーボン仕様(オプション)もプラス。サイドのカナード風の立ち上がりがいいアクセント。

フードスポイラー

ボンネット後端のフードスポイラー。塗り分け時にも威力を発揮しそうなプレス形状だ。

リアルーフウイング

純正交換タイプで美しく流麗なリアルーフウイング。オリジナルの塗り分けでエレガントな存在感がさらにアップ! リアウインドウとガーニッシュの間にはリアゲートウイングも装着。

リアバンパースポイラー V3

3D感が際立つリアバンパースポイラーV3を装着。ラグジュアリースポーツがコンセプトで、アグレッシブでワイド&ローな存在感溢れるルックスが楽しめる。

ベルタ エグゼクティブマフラー

左右デュアル出しのベルタ エグゼクティブマフラー。2タイプが用意され、装着モデルはチタンハイブリッドテール。

ホイール

多面構成による立体的な3Dデザインが美しい、2×5スタイルの同社オリジナルブランドの“アミスタット・ライエンT025”。塗装と切削の造形美が光るブラックスクリットマシニング仕上げだ。

【PARTS SPECIFICATION】

▼エアロパーツ

フロントバンパースポイラー 14万3000円(素地)

サイドステップ 5万9400円~(素地)

リアバンパースポイラー V3 13万7500円(素地)

上記V3フルキット 32万5600円~(素地)

フロントアンダースポイラー(カーボン製) 7万1500円(素地)

フードスポイラー 3万5200円(素地)

リアルーフウイング 4万8400円(素地)

リアゲートウイング 4万1800円(素地)

LEDスポットKIT(4連) 2万6400円

LEDローマウントランプ 1万1000円

▼マフラ-

ベルタ エグゼクティブマフラー

(左右デュアル出し用/チタンHYBRIDテール) 17万1600円

▼ ホイール

アミスタット ライエンT025(ブラックスクリットマシニング)

F:13万5300円(21×9.5+30)/R:13万7500円(21×10.0+28)

▼タイヤ

ニットーNT555 G2(245/35R21)

▼ 足回り

ACCエアランナー

3Pシステム・ダブルコンプレッサーシステム

J-LINE フロントロアアーム10mmロング

撮影はオーナーカーを借り出して実現 オリジナルカスタムはどうなっている!?

プロショップのサンヤードがオリジナルテイストを注入した今作。特徴的なのが純正メッキのギラギラ感を抑制したメッキデリートの顔面。本来ならメッキのフェイス上半分がボディ同色仕様へとカラー変更されている。ホイールはレオンハルトのアングリフ(21×9.5+10)を履き、足回りはACCエアランナー。Jラインの10mmロングのフロントロアアームに、リアにはスイングアーム、アッパーアームなどのアンロックシステムを導入。ブレーキはフロント330φ、リア340φのBiotブレーキオフセットキット、さらにメタルの質感と独特のカラーが楽しめるサンヤードのオリジナルのブレーキキャリパーもプラス。キャリパーカラーはクローム、キャンディ、フレーク、マジョーラなど色で遊べる仕様(写真はイエローフレーク)。こちらは福井・鯖江の漆器職人が特別に塗り上げた逸品なのだ。

1 / 4

「アドミレイションの大人ヴェルファイア! メイクの秘訣は純正メッキを抑えたフルバンパー仕上げ!」の1枚めの画像

2 / 4

「アドミレイションの大人ヴェルファイア! メイクの秘訣は純正メッキを抑えたフルバンパー仕上げ!」の2枚めの画像

3 / 4

「アドミレイションの大人ヴェルファイア! メイクの秘訣は純正メッキを抑えたフルバンパー仕上げ!」の3枚めの画像

4 / 4

「アドミレイションの大人ヴェルファイア! メイクの秘訣は純正メッキを抑えたフルバンパー仕上げ!」の4枚めの画像

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon