Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

業界初、48Vハイブリッド車向けエンジン出力軸直結型ISGシステムを量産開始 メルセデス・ベンツのエンジンに三菱電機のISG。48Vシステム

  • 2017/10/27
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
東京モーターショーの三菱電機のブースに展示してある実物。

三菱電機は、欧州市場を中心に普及が見込まれている48Vハイブリッド車向けに、エンジン出力軸直結型のISGシステムを開発し、業界で初めて量産化した。ダイムラーAG社のメルセデス・ベンツ車両に搭載される。この製品は、東京モーターショー2017に出展する。

メルセデス・ベンツの新開発直列6気筒M256エンジン。

開発・製品化

近年、自動車市場では地球環境保護(CO2排出量削減)の観点から、電気自動車やハイブリッド車などさまざまな電動車両の普及が急加速している。なかでも、欧州市場においては、比較的低コストで燃費向上を実現する48Vハイブリッド車の普及が見込まれている。

三菱電機は高出力化と燃費改善を実現するために、エンジンのアイドリングストップ・スタート、車両減速時のエネルギー回生や加速時のトルクアシストなどを行なうISGシステムを、エンジン出力軸直結型として開発し、まずは、ダイムラーAG社のメルセデス・ベンツ車両向けに量産を開始した。今後は、さらなる小型・軽量・高出力化を図り、自動車の燃費改善によるCO2排出量削減に貢献する。

ISGとは、Integrated Starter-Generatorのことで、スターター兼ジェネレーターだ。モーターとモーターを制御するインバーターで構成される。

新製品の特徴

右は48Vのベルト駆動型システム用ISG。エンジンとモーターをベルトを介して連結するシステム。力の伝達をベルトを介して行うため、急激な力の伝達や、大きな力が掛けられないなどの制約がある。

1.エンジン出力軸直結型モーターを実現し、燃費改善に貢献・エンジン出力軸にモーターを直結することにより、従来のベルト駆動型に比べて、高出力化と発電量の向上を実現し、搭載車の燃費改善に貢献。
エンジン出力直結型とは、エンジンの出力軸からの力の伝達を、ベルトを介して行なうシステムを言う。

2.モーターの高出力化・薄型化により車両搭載性を向上・独自の分割コア巻線技術により、大電流モーターに必要な太線コイルでも高密度な巻線を実現・モーターの高出力化と薄型化を両立し、車両搭載性を向上

3.インバーターの小型化・高信頼性を実現
・新開発の48V専用トランスファーモールド型パワー半導体モジュールを採用し、熱抵抗の低減や耐久性を向上(トランスファーモールドとは、加熱加圧した樹脂を閉鎖された金型に注入し加圧成形する方法。量産性と信頼性に優れる)
・最適設計した冷却ユニットと合わせて冷却性能を向上し、大幅な小型化と高信頼性を実現

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ