テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

TOP > カタログ > トヨタ > スープラ > 新型スープラも搭載、BMWの現行ガソリンストレートシックス──B58
  • 2018/10/13
  • Motor Fan illustrated編集部

新型スープラも搭載、BMWの現行ガソリンストレートシックス──B58

世界のエンジン オールアルバム file 041:BMW B58

このエントリーをはてなブックマークに追加
■B58
シリンダー配列 直列6気筒
排気量 2998cc
内径×行程 82.0mm×94.6mm
圧縮比 11.0
最高出力 240kW/5500rpm
最大トルク 450Nm/1380-5000rpm
給気方式 ターボチャージャー
カム配置 DOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 ロッカーアーム
燃料噴射方式 DI
VVT/VVL In-Ex/○

 3シリーズの上級グレードである340i、新型に切り替わった5シリーズの540i、そして7シリーズのベースグレードに搭載されるのが、Bシリーズモジュラーエンジンの6気筒、B58型。前型であるN55型との最大の相違点はシリンダーブロックがオープンデッキからクローズデッキに変わったことだ。B58ではサーマル・マネジメントも進化している。
 エンジンの部位、状況に応じて適切な温度管理を行なって燃費を向上させるためにHMM(Heat Management Module)を採用。ウォーターポンプも電動から機械式に変更された。機械式ウォーターポンプは、エンジン流入水温や補機類の通水量を適切に制御し、冷間始動時は通水を停めて早期暖機する。過給はツインスクロールターボ式。

B58は、スチール製シリンダーライナーを廃し、ツインワイヤー・アークスプレイコートライナーを採用。BMW得意の可変リフト機構のバルブトロニックは、より小型なタイプに進化している。
ターボは、従来通りツインスクロール型。B58ではスロットルバルブ下流で各気筒の吸気ポート直前に水冷式インタークーラー(BMWは、indirect charge air coolerと呼ぶ)を置く。前型のN55は空冷式インタークーラーだった。
3シリーズや5シリーズの最上級グレード以上にならないといまやBMWのアイコンともいえる直6エンジンは搭載しない。上級の特別なエンジンという位置づけだ。

 車両前方側から眺めたB58。画像からもわかるとおり、RWD車に搭載する際には大きく右に傾けている。右吸気/左排気のレイアウト。ターボチャージャーは3気筒ごとに排気管をまとめるツインスクロール式を1基搭載、前型のN55と同様の方式をとる。BMWの市販車用ターボエンジンはB58の2代前に当たる直列6気筒のN54型から始まっていて、そのときは小径のシングルスクロールターボを2基、1-3番と4-6番気筒で用いていた。

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ情報


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated