テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/11/28
  • Motor Fan illustrated編集部

革新的エンジンSKYACTIV-X!新型Mazda3(マツダ3=新型アクセラ)でついに登場!試作エンジンからどこが変わったか?

マツダ・スカイアクティブXエンジン

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロサンゼルスモーターショー2018事前イベントライブで発表されたSKYACTIV-Xエンジン
新型Mazda3(マツダ3=アクセラ)の最大の注目点と言い切ってもいい革新的なSPCCI燃焼を採用したSKYACTIV-Xエンジン。ロサンゼルスモーターショー2018事前イベントで、どこまで技術的な内容が明らかになったか、不明だが、ここでは発表された新しいSKYACTIV-Xエンジンの写真と、試作エンジンを見比べてみよう。

 マツダ技術陣が世界を驚かせた革新的なガソリンエンジンであるSKYACTIV-X。これまでも技術的なポイントについては当サイトで解説してきた。


発表間近の新型マツダ・アクセラが積むSKYACTIV-Xがすばらしい理由──安藤眞の『テクノロジーのすべて』第1弾

圧縮着火の超希薄燃焼を火花点火でアシストする──MAZDA SKYACTIV-X

自動車業界の求人を今すぐ探す!<組み込み・ソフトウェアエンジニア>

 では、もう一度、11月28日にロサンゼルスモーターショー2018事前イベントライブで発表されたSKYACTIV-Xエンジンの写真を見てみよう。

Mazda3搭載のSKYACTIV-Xエンジン

これまで公表されていた試作SKYACTIV-Xエンジン

 詳しいエンジンスペック等については未発表だが、新型と試作エンジンでは、補機の駆動ベルトの取り回しが違っている。試作ではクランク軸に2段掛けプーリーを取付、下側のベルトでオルタネーターとエアコンのコンプレッサー、上側のベルトでウォーターポンプとスーパーチャージャーをそれぞれ駆動していたが、新型ではプーリーの数が6から5に減っている。減ったひとつのプーリーは、スーパーチャージャーを駆動する巻き付け角を調整するためのもののようだったが、それが新型では不要になったようだ。
 それ以外は、試作エンジンとほとんど同じレイアウト、同じ部品だ。
 写真手前上部にあるスーパーチャージャーとその下の「高応答エアサプライ」の部分もほぼ同じだ。

 SKYACTIV-Xエンジン搭載モデルは、「マイルドハイブリッドシステム」を搭載する、と発表された。
 それも「The engine is assisted by Mazda’s intelligent new M Hybrid system, which supports greater gains in fuel economy, and achieves higher levels of driving pleasure and environmental friendliness.」
という効果があるマイルドハイブリッドシステムだという。
「greater gains」というくらいだから、このマイルドハイブリッドシステムは、12Vであるとは考えにくい。
 欧州でトレンドになりつつある48Vマイルドハイブリッドシステム、あるいはマツダがi-ELOOP(アイ・イーループ)で手掛けた「24V」という選択肢もあるかもしれない。


マツダのSKYACTIV-Xとは何が優れているのか?

新型Mazda3(マツダ3=アクセラ) SKYACTIV-Xだけじゃない。注目の技術気は?発表されたスペックをまとめてみると……

自動車業界の求人を今すぐ探す!<生産技術>

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated