テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/12/31
  • Motor Fan illustrated編集部

世界初!ドライバー視界部をクリアに保つ曇りにくいガラス(eXeview)がダイハツ“コペン クーペ”に採用

このエントリーをはてなブックマークに追加
AGCの開発した曇りにくいガラス eXeview(エグゼビュー)が、ダイハツ工業の限定販売車“コペン クーペ”のフロントガラスに世界で初めて※1採用された。
※1 ドライバー視界部での搭載。2018年12月現在、AGC調べ。

 ダイハツ工業の “コペン”は、「感動の走行性能」と「自分らしさを表現できるクルマ」を、骨格+樹脂外板構造で実現した軽自動車のオープンスポーツカーで、現在3種類の意匠で販売されている。今回発売する“コペン クーペ”は“コペン セロ”をベースに、CFRP製のハードルーフを装着した、本格クーペスタイルの限定販売車。

 “コペン クーペ”には車内外に特別な装備が盛り込まれており、その一つとしてAGCのeXeviewがフロントガラスに採用された。自動車ガラスに求められる高い耐久性能を確保したAGC独自の樹脂膜コート材が車内の水分を吸収し、フロントガラスの曇りを防止する。デフロスターの操作回数が低減し、ユーザーの利便性と実燃費の向上に貢献していく。また、AGC独自の樹脂膜コート材が車内の水分を吸収することで、結露による光の散乱を防ぎ、ドライバーの視界確保による走行安全性を向上する。

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated