テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2019/05/27
  • 遠藤正賢

日本製鉄:スチール製ながらアルミ製と同等以上の剛性と衝突安全性、軽さを兼ね備えた超軽量・高強度サブフレーム

厚手カラーを薄手閉断面骨格で直結して剛性・強度を確保

このエントリーをはてなブックマークに追加
NSafe-AutoConcept
4月1日より新日鐵住金改め日本製鉄となった同社は、「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」に初出展。1月の「オートモーティブワールド2019」で初めて出品した、鉄鋼のみで約30%の軽量化を実現する次世代自動車コンセプト「NSafe-AutoConcept」をさらに進化させて展示した。

PHOTO&REPORT●遠藤正賢(ENDO Masakatsu)
超軽量・高強度サブフレーム

 今回追加された技術の中で最も大きなものは「超軽量・高強度サブフレーム」。アルミニウム合金に材料置換せずとも、鉄鋼でアルミと同等以上の剛性と衝突安全性、軽さを実現している。

重量に対する剛性および衝突安全性の性能比較図

 具体的には、エンジンおよびボディへのマウントブッシュを収める「カラー」と呼ばれる筒状の部位を厚めに取り、かつ薄手の閉断面構造を持つ骨格と直結。これにより、マウント部も構造体の一部とすることで、従来のスチール製品に対しロアアーム横力剛性は29%、前面衝突エネルギー吸収性能は24%軽い重量で同等の性能を確保することを可能とした。

「スーパーダイマ」を用いた駆動用バッテリーケースカバー
アクラポヴィッチ社製チタン合金マフラー

 このほか、約11%のアルミニウム、約3%のマグネシウムおよび微量のシリコンからなる高耐食性めっき鋼板「スーパーダイマ」を用いた駆動用バッテリーケースカバーや、アクラポヴィッチ社製チタン合金マフラーも追加。鉄鋼を中心としながら幅広い素材を用いて軽量化を追求する姿勢を示している。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated