Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

いすゞ、ユーグレナ:軽油を100%代替可能な次世代バイオディーゼル燃料が完成

  • 2020/03/31
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
次世代バイオディーゼル燃料を搭載予定のいすゞのバス

いすゞ自動車とユーグレナは、石油由来の軽油を100%代替可能な次世代バイオディーゼル燃料が完成したことを発表した。今後の本格的な次世代バイオディーゼル燃料供給に先立ち、ユーグレナからいすゞへの次世代バイオディーゼル燃料の供給が2020年3月中に完了し、いすゞの藤沢工場シャトルバスにて本燃料の使用を2020年4月1日より開始する。

 近年、気候変動対策が重要な課題となっており、世界中で多くの企業が温室効果ガス排出量削減に取り組んでいる。こうした中、いすゞとユーグレナは、含有率100%でも車両のエンジンに負担をかけることなく使用することができる次世代バイオディーゼル燃料の実用化に向けた共同研究契約を2014年に締結し、『DeuSEL(デューゼル)※1プロジェクト』として共に取り組んできた※2。そしてこの度、約6年の時を経て、次世代バイオディーゼル燃料が完成した。

 ユーグレナ社は、次世代バイオディーゼル燃料の研究開発と生産を進めるべく、日本初のバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントを2018年10月末に竣工。また同時に、いすゞ、横浜市、千代田化工建設、伊藤忠エネクス、ANAホールディングス、ひろしま自動車産学官連携推進会議をサポーターとして「日本をバイオ燃料先進国にする」ことを目指す「GREEN OIL JAPAN(グリーンオイルジャパン)」を宣言し、バイオ燃料製造実証プラントの本格稼働とバイオジェット・ディーゼル燃料の供給を目指してきた。今回、次世代バイオディーゼル燃料が完成したことにより「GREEN OIL JAPAN」宣言に賛同する企業に向けて、近日中に次世代バイオディーゼル燃料の供給を本格的に実施する。

 なお、いすゞは2018年にユーグレナ社が研究開発用に試作した次世代バイオディーゼル燃料にて性能試験を実施※3しており、次世代バイオディーゼル燃料が石油由来の軽油と同等の性能であることを確認している。

※1 DeuSEL(デューゼル): DIESEL(ディーゼル)とeuglena(ユーグレナ)を組み合わせた造語で、 ユーグレナ(和名:ミドリムシ)からつくったバイオディーゼル燃料を表すいすゞとユーグレナ社の共同で取得した商標。
※2 『DeuSELプロジェクト』に関する2014年のプレスリリース  https://www.isuzu.co.jp/press/2014/6_25eco.html
※3 ユーグレナが試作した次世代バイオディーゼル燃料のサンプルを用いて、 いすゞが全負荷性能試験とWHTC排出ガス試験を実施。

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ