レクサス「IS」に2タイプの特別仕様車“F SPORT Mode Black S”と “F SPORT Mode Glitter”が登場!

レクサスIS
9月9日、レクサスはミッドサイズセダン「IS」に2タイプの特別仕様車“F SPORT Mode Black S”と “F SPORT Mode Glitter”を設定し、10月以降に発売すると発表。合わせて一部改良を実施した。

ブラックを基調色としたパーツを随所に採用し、独特の個性を演出

“F SPORT Mode Black S”は、2020年11月に発売された特別仕様車“F SPORT Mode Black”の後継となるモデル。IS350/IS300h/IS300の“F SPORT”をベースに、専用の鍛造アルミホイールやシートなど、ブラックを基調としたカラーコーディネイトで、ISの特長である走りとデザインにさらに磨きをかけた。

BBSと共同開発した軽量でしなやかな鍛造アルミホイールは、よりレスポンスにすぐれた、路面と対話できる走りを実現。ホイール表面の平滑さにもこだわり、職歴30年以上の職人が手作業で仕上げたのち、マットブラック塗装を施している。

エクステリアではまた、ブラック塗装のドアミラーとブラックステンレスのウインドウモールを採用し、精悍さを際立たせている。三眼フルLEDヘッドランプ(ロー・ハイビーム)&LEDフロントターンシグナルランプも特別装備された。

インテリアでは、シート表皮に専用のウルトラスエード/L texを採用し、上質な素材感と高い機能性を両立。加えて、専用メーターオープニングなどの特別装備により、スポーツドライビングの高揚感も高めている。

●レクサスIS特別仕様車“F SPORT Mode Black S”
・IS300“F SPORT Mode Black S”:585万円(FR)
・IS300h“F SPORT Mode Black S”:630万円(FR)/672万円(AWD)
・IS350“F SPORT Mode Black S”:700万円(FR)
※価格は消費税込み

一方“F SPORT Mode Glitter”は、こちらもIS350/IS300h/IS300の“F SPORT”をベースに、輝きを放つブラックを基調としたカラーコーディネイトにより、スポーティで颯爽としたスタイルに磨きをかけたモデル。

エクステリアは、ブラックスパッタリング塗装のアルミホイールに加えて、ブラック塗装のドアミラーとブラックステンレスのウインドウモールを採用し、精悍さを際立たせた。

インテリアでは、アッシュ材を銀墨色に仕上げた専用デザインのステアリングホイールやオーナメントパネルを採用。黒みを帯びた色彩が、光を受けるとシルバーへと変化する独特の表情が、感性を刺激する。さらに、フレアレッドのアクセントを加えたL texスポーツシートや、専用メーターオープニングなどの特別装備により、スポーツドライビングの高揚感を高めている。

●レクサスIS特別仕様車“F SPORT Mode Glitter”
・IS300“F SPORT Mode Glitter”:565万円(FR)
・IS300h“F SPORT Mode Glitter”:610万円(FR)/652万円(AWD)
・IS350“F SPORT Mode Glitter”:680万円(FR)

※価格は消費税込み
IS350”F SPORT”

また、ISの一部改良では、より一層ドライバーの意に沿ったステアリング操作支援を行うために、レーントレーシングアシスト(LTA)の制御内容が見直された。加えて、IS350/IS300では、新しいブレーキペダルとマスターシリンダーを採用することで、ストロークに対する減速Gをリニアにし、より自然なブレーキフィーリングを実現。IS300hではアクセサリーコンセント(AC100V・1,500W/ラゲージルーム内)をメーカーオプション設定し、利便性を向上させた。

IS300h”version L”

●レクサス公式サイト「IS」

著者プロフィール

モーターファン 近影

モーターファン