ついに走行距離5000キロを突破!【SUBARU BRZ長期レポート】

納車から5カ月ちょっとスバルBRZの走行距離は5000kmに

ついに5000kmを超えたBRZ
10月29日、BRZの走行距離が5000kmを突破した。納車から5か月ちょっとなので、1か月平均は1000kmを少し下回るペースだ。5000kmを超えたのは走行中でキリ番写真は押さえられず……。

TEXT & PHOTO:松沼 猛(MATSUNUMA Takeru)

スバルBRZに乗って、ジャパンモビリティショーに行ってみた!

今年は東京モーターショー改めジャパンモビリティショーが開催される年。2021年の第47回がコ…

キリ番写真は押さえられず……

今回5000kmを超えたのは八王子バイパスを走行中。いままでキリ番の写真を記録してきたが、さすがに駐停車できなかいので、バイパスを降りた先のコンビニでオドメーターを記録した。

5000kmが八王子バイパス上だったので、記録時は5002kmになっていた

さて、SUBARUでは、6ヵ月または5000kmで点検ということになっていて、じつは10月26日に予約を入れていた。しかし、ジャパンモビリティショーの仕事が急遽入ったため予約をキャンセルして、11月2日に先送りとしていた。キャンセルした時点で4900kmを超えていたし、週末に出かけるつもりだったので、ここで5000kmを超えたのは予想どおりではあった。

そんな週末の10月29日は、カーグッズマガジンのドライブ連載ページの取材を兼ねて神奈川県の宮ヶ瀬ダムと宮ヶ瀬湖に出かけた。宮ヶ瀬ダムは愛川町にある国内最大の重力式コンクリートダム。ダム全体で見ても国内2位というスケールのダムだ。

なんと国内屈指のダムが神奈川県にある

宮ヶ瀬湖も4.6㎢という広大な面積を誇っている。周辺には神奈川県立あいかわ公園や宮ヶ瀬湖畔園地、鳥居原ふれあい館など観光施設も多いので、ドライビングスポットとしてオススメだ。

宮ヶ瀬湖畔園地から見た宮ヶ瀬湖。これから紅葉シーズンとなって訪れる人もさらに増えるだろう

宮ヶ瀬湖周囲の道路もそこそこ楽しいワインディングロードとなっている。また、ヤビツ峠を始めとした周囲の峠にも直結しているので、スポーツドライビングを楽しみたい人も多く集まってくる。

スポーツドライビングで思い出したが、BRZはトラックモードにするとトラクションコントロールがオフになると同時にメーターの表示が大きく変わり、タコメーターがバーグラフとなる。

トラックモードにした時のBRZのメーター表示

バーグラフ表示のタコメーターと言えば、1980年代に流行ったデジタルメーターを思い出す。当時の究極はZ20系ソアラのスペースビジョンメーターだったよなぁと思いつつ、AE86でGT APEXを買うとデジタルメーターだけど、GTVはアナログでどっちが欲しいか真剣に悩んだ末にGTVを買ったなぁなんてことを思っていた事を考えると、1台でメーター表示を切り替えることができるって、便利でいいなって思った。

気分でメーター表示を切り替えられる時代にバンザイ!

キーワードで検索する

著者プロフィール

松沼 猛 近影

松沼 猛

1968年生まれ1993~2013年まで三栄書房に在籍し、自動車誌、二輪誌、モータースポーツ誌、鉄道誌に関わる…