50万円でも楽しい魅力あるクルマがたくさん!スポーツワゴン5選【モーターファンおすすめ中古車】

トヨタ・カルディナはまさに「セリカワゴン」だ!日産ステージア、スバル・レガシィも狙える!50万円で狙えるスポーツワゴン5選【モーターファンおすすめ中古車】

ステーションワゴンは広い荷室を持っているが車高が低いため走行性能が高い。さらに、スポーツドライビングを目指したモデルも存在する。このようにステーションワゴンには多くの魅力がある。そこで今回の【モーターファンおすすめ中古車】では、50万円で買える走りの楽しいスポーツワゴンを紹介する。

スポーツワゴンには多くの魅力がある。まずは車高が低いことから得られる高い走行性能だ。セダンがベースとなっているため重心が低く、SUVやミニバンよりも運転を楽しむことができる。またラゲッジスペースが広いことも魅力で、セダンより多くの荷物も積むことができる。さらにトランクと後部座席の間に仕切りがないため、リヤシートに座っても頭上空間にゆとりがある。ほかにも全高が低いので立体駐車場に駐車できるなど多くの魅力がある。

そんな魅力あるスポーツワゴンが最近減ってきている。かつて一大ブームにもなったアコードワゴンも、先代モデルから廃止されてしまった。しかし中古車市場には50万円程度でも多くのスポーツワゴンが出回っている。今回はスポーツワゴンの魅力である高い走行性能が際立つ、50万円以内で手に入るスポーツワゴンを5台紹介する。

4代目スバル・レガシィ GTカーとしての本質を磨いた人気モデル

4代目スバル・レガシィ ツーリングワゴンは、「走りと機能と美しさの融合」を開発テーマに、その核となる水平対向エンジンを用いた独自のパワートレーン「Symmetrical AWD(シンメトリカルAWD)」のさらなる性能向上を図り、グランドツーリングカーとしての「本質」を追求したモデルだ。
具体的には、愉しさ、美しさ、感動の具現化を目指し、レガシィであることに徹底的にこだわりながらも、そのデザイン、エンジン、シャシー、ボディなどのレベルを向上させた。
またそれにより、スバルが目指す世界に通用するグランドツーリングカーにふさわしい性能を実現した、現在でも人気の高いモデルだ。

2.0ℓから3.0ℓモデルまで、パワートレーンの種類は豊富だ。ただ、スポーツワゴンとして特におすすめなのは2.0ℓターボモデル。ツインスクロールターボを採用してターボシステムをシングル化し、タービンへの排気流入路の2連構造化と等長等爆エキゾーストにより、効率よくタービンを回転させ、吸気充填効率を向上させている。また排気側タービンの材質に軽量なチタン合金を採用し、全回転域における優れたアクセルレスポンスと343Nmという高トルクを実現した。エンジンはもちろんあのEJ20だ。
MTが選べるのもポイント。スポーティな加速を楽しめるだけでなく、エンジンの出力も5ATのモデルと比べ20psパワフルになる。

平均中古価格は約44万円。
たとえば2.0ℓターボモデルだと「レガシィツーリングワゴン 2.0GT 4WD 2006年式、走行5万9000kmで車両本体価格30万円」というような中古車がある。ただしターボモデルは他のモデルより中古価格が比較的高いため、50万円以内のモデルを選ぶ際はしっかり状態をチェックする必要がある。
4代目レガシィ ツーリングワゴンはGTカーとしての「本質」を追求したスバルを代表するスポーツワゴンだ。

詳細スペック:2.0GT(MT)

全長×全幅×全高(㎜)=4680×1730×1470
ホイールベース(㎜)=2670
エンジン:2.0ℓ 水平対向4気筒DOHC16バルブターボ
駆動:フルタイム4WD
最高出力:280ps(206kW)/6400rpm
最大トルク:35.0kgm(343Nm)/2400rpm
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
トランスミッション:5MT
車重(kg):1430
新車価格:288万円
※2003年発売当時のスペック

3代目トヨタ・カルディナ セリカ譲りのターボエンジンが強烈!NAエンジンもおすすめ

カルディナは、カリーナサーフの後継車として1992年に登場したトヨタを代表するスポーツワゴンだ。今回紹介する3代目カルディナは、「ザ・ツーリングマシン」を開発テーマに、ドライバーの意思に機敏に呼応するパフォーマンスと、従来のワゴンにはない斬新なデザイン、高いユーテリティを融合させることにより、ワゴンの新たな魅力を追求したスポーツスペシャルティワゴンである。初代はコロナをベースとしていたのに対し。3代目は、プレミオ/アリオンをベースとしている。

設定されたエンジンは、2.0ℓ、1.8ℓのNAエンジンと2.0ℓターボエンジンの3種類だ。スポーツワゴンとして走りを極めるなら、ターボエンジンがおすすめだ。セリカやアルテッツァなどにも搭載されてきた、名機とも言われる「3S-GTE」エンジンを採用し、高性能ターボチャージャーによる滑らかな吹け上がりと、低・中速から発生する強力なトルクにより、パワフルかつスムーズな走りを楽しむことができる。4WDのみの設定となっており、しっかりと4輪で260psの大パワーを受け止めるため、加速も安定している。またバランスの良さを求めるなら、2.0ℓNAエンジンでも充分。速さはもちろん、ターボエンジンにはかなわないが、高速域でも過不足なくNAらしい自然な吹け上がりが体感できる。中古市場だとターボモデルはほとんどが50万円を超えてしまうが、2.0ℓは50万円以内で狙えてしまうのも魅力だ。

平均中古価格は約38万円だ。
たとえば2.0ℓNAモデルだと「カルディナ 2.0Z 2006年式、走行1万7000kmで車両本体価格39万円」というような中古車がある。ターボモデルでも走行距離は増えるが、「カルディナ 2.0GT-FOUR 2006年式、走行8万7000kmで車両本体価格39万円」というような中古車がある。タマ数はレガシィなどと比べ少ないが、スポーツワゴンとして走りを極めたモデルだ。

詳細スペック:2.0GT

全長×全幅×全高(㎜)=4510×1740×1445
ホイールベース(㎜)=2700
エンジン:2.0ℓ 直列4気筒DOHC16バルブターボ
駆動:フルタイム4WD
最高出力:260ps(191kW)/6200rpm
最大トルク:33.0kgm(324Nm)/4400rpm
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
トランスミッション:4AT
車重(kg):1440
新車価格:271万円
※2002年発売当時のスペック

初代マツダ・アテンザ 爽快な走りが気持ちいいスタイリッシュワゴン

マツダ・アテンザは、2002年5月に発売されたマツダのDセグメントステーションワゴンだ。今回紹介する初代は、卓越した運動性能を基本に、デザイン、パッケージング、クラフトマンシップ、安全・環境性能などの領域で、世界のミディアムクラスにおける新しい世界基準を目指して開発された。ちなみにいまでは誰もが知るマツダのブランドメッセージ「Zoom-Zoom(ズーム・ズーム:子供の時に感じた動くことへの感動)」を採用した初めてモデルで、マツダとしても大きな転換点となったクルマだ。ボディタイプは、4ドアセダン、5ドアハッチ、ワゴンの3つが設定された。現在は3代目が「MAZDA6」の名称で販売されている。

エンジンは2.0ℓと2.3ℓの2種類のNAエンジンを設定。どちらも当時新開発されたアルミ製直列4気筒エンジン「MZR」で、当時フォードの傘下だったマツダがフォードグループを代表して開発したものだ。「ターボエンジンでハイパワー!」のレガシィやカルディナと比べてこちらはNAエンジンならではの爽快な走りが気持ちいい。おすすめは2.3ℓで、嫌味のないすっきりとした乗り味がいまのマツダ車にも共通している。パワーもちょうどよく、MT仕様もあるためスポーティな走りもほどよく楽しめる。

平均中古価格は約26万円だ。
たとえば2.3ℓモデルだと「アテンザ スポーツワゴン 23S 2005年式、走行4万6000kmで車両本体価格29万円」というような中古車がある。
アテンザは爽快な走りが魅力なGTワゴンとしておすすめだ。

詳細スペック:23S

全長×全幅×全高(㎜)=4690×1780×1440
ホイールベース(㎜)=2675
エンジン:2.3ℓ 水冷直列4気筒DOHC16バルブ
駆動:FF
最高出力:178ps(131kW)/6500rpm
最大トルク:21.9kgm(215Nm)/4000rpm
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
トランスミッション:4AT
車重(kg):1420
新車価格:230万円
※2002年発売当時のスペック

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部