トヨタのサブスクKINTOの新サービス「KINTO FACTORY」が1月下旬から開始! 今乗っているトヨタ車を最新の状態に進化

トヨタとKINTOは12月21日、サブスクリプションサービスのKINTOに新サービス「KINTO FACTORY」を立ち上げ、2022年1月下旬より開始すると発表した。

基本性能を向上させる「アップグレード」、古くなったアイテムを新品に交換する「リフォーム」、ユーザーのドライブデータをもとにひとりひとりに合わせてクルマの設定を最適化する「パーソナライズ」の3つを展開

両社は、顧客がすでに購入したクルマに、その後の技術革新に合わせてソフトウェア・ハードウェアの機能やアイテムをタイムリーに反映することで、乗っているクルマを最新の状態に「進化」させる新たな取り組みに挑戦する。こうした「進化」は、クルマの基本性能を向上させる「アップグレード」、古くなったアイテムを新品に交換する「リフォーム」、さらに、ユーザーが運転する際のデータをもとにひとりひとりに合わせてクルマの設定を最適化する「パーソナライズ」の3つの方法により実現を目指していく。

この第一歩として、2022年1月下旬に、該当の車種を購入したユーザーを対象に、「アップグレード」と「リフォーム」の一部のメニューを購入できる新サービス「KINTO FACTORY」を立ち上げる。

クルマの技術革新は、ADAS=先進運転支援システムや電動化を中心に目覚ましい一方、ユーザーがクルマを持っている期間の長期化を背景に、技術革新とユーザーのクルマにそれを反映するタイミングとの間にギャップが拡大し続けているのが現状だ。

トヨタとKINTOは、こうした状況を変えるため、すでに購入したクルマに、その後の技術革新に合わせてソフトウェア・ハードウェアの機能やアイテムをタイムリーに反映し、乗っているクルマを最新の状態に「進化」させることで、ギャップを埋めることができるという考えに至った。

今回スタートする挑戦で、トヨタは最新の技術を開発し、KINTOはその技術を「進化」として顧客に届けるためのプラットフォームの役割を務める。「進化」の実現は、以下の3つの方法で目指していく。
・「アップグレード」:乗っているクルマの基本性能を向上させる安全機能などを後付け
・「リフォーム」:経年劣化で傷んだ内外装のリフレッシュやアイテム交換など
・「パーソナライズ」:ユーザーが運転する際のデータをもとに、ひとりひとりの個性や好みに合わせてクルマの設定を最適化

これらを実現するスタートとして、新サービス「KINTO FACTORY」を立ち上げ、まずは、車種や施工を対応する店舗を絞り、「アップグレード」と「リフォーム」の一部のメニューを提供開始する。車種や施工店舗は、今後、ユーザーの利用状況などを踏まえながら順次拡大させていくとともに、「パーソナライズ」については、将来的な提供を目指して準備を進めていく。

●「KINTO FACTORY」サービス概要

著者プロフィール

モーターファン 近影

モーターファン