マツダが北米で2023年型「MAZDA3」のグレードを公開!豊富な8グレードを詳しく解説!

マツダの米国部門は、2023年型「MAZDA3」の価格とグレードを発表した。モデルレンジは、ベースグレードの「2.5 S」から最上級グレードの「2.5 ターボ・プレミアムプラス」まで豊富に8グレード用意され、セダンタイプとハッチバックタイプがそれぞれ用意された。駆動方式は下位グレードではFWD、上位グレードではAWDが主に設定されており、プレミアムにおいては6速MT車も用意されている。価格は、自然吸気エンジン車が303万円から、ターボエンジン車は436万円からの販売となる。

マツダのアメリカ部門は、2023年型「Mazda 3」のラインナップ構成と価格を発表した。ラインナップは豊富に8グレード(プレミアムにMT)用意され、それぞれにセダンタイプとハッチバックタイプが用意されている。一部グレードではAWD駆動を選択することもできるため、顧客は用途に応じてクルマを選択し洗練されたドライビングダイナミクスを経験することができる。ハッチバックタイプは今秋に、セダンタイプは今冬に現地ディーラーへ導入が予定されている。

2023年モデルでは、自然吸気エンジンであるスカイアクティブ-G 2.5Lを改良し、191psの馬力と252Nmのトルクを発揮する。馬力は従来よりも5ps向上し、燃費も改善された。さらに、このエンジンを搭載するすべてのMazda3には、特定の運転条件下でより効率的に動作するように設計された最新の気筒休止技術が搭載されているため、市街地走行、高速道路走行、どのような環境下でも優れた燃費を維持させることに成功した。

MAZDA3 2.5 S

まず、ベースグレードとなるMazda 3 2.5 Sには、高効率のスカイアクティブG 2.5Lエンジンと、マニュアルシフトモードを備えた6速ATミッションが搭載されている。駆動方式は前輪駆動(FWD)となっている。その他、G-ベクタリング・コントロールプラスに加え、安全装備としてi-アクティブセンスが標準で装備されている。i-アクティブセンスには、クルーズコントロール、レーンキーピング、ドライバーアテンション、ハイビームコントロールなどが含まれ、様々な場面でドライバーをサポートする。MyMazdaアプリを通じれば、スマホから車両を遠隔監視することもできるほか、トライアルで車内Wi-Fiスポットとして利用することができる。

インテリアには、コマンドノブ操作ができる8.8インチのインフォディスプレイが搭載。その他、プッシュボタンスタート、イルミネーションエントリー、バックカメラなど使い勝手の良い装備がいくつも装備されている。USBポートはフロントに2つ設定され、Bluetoothも備えている。

エクステリアでは、オート切り替えヘッドライト、一体化したコンビネーションテールライト、デイタイムライトにLEDが採用され、視界の明瞭さをサポート。フロントグリルはマット塗装が施され、ホイールはシルバーカラーの16インチアルミホイールを履いている。

MAZDA3 2.5 Sセレクト

ワンランクアップした 2.5 Sセレクトでは、ブラインドスポットモニター、キーレスエントリー、アドバンスドキーレスエントリー、デュアルゾーンエアコン、カップホルダー付アームレスト、ドアミラーウィンカーなど便利な機能が追加されている。インテリアには、ブラックレザーシート、本革巻きステアリングホイール/シフトノブを装備。ホイールは18インチアルミホイールにサイズアップしている。

MAZDA3 2.5 Sプリファード

2.5 Sプリファードグレードは、Sセレクトに加えてパワーサンルーフを装備し、ブラックまたはグレージュのレザーシート、前席シートヒーター、8wayパワーシートなど室内空間の居住性を向上させる装備が含まれている。フロントグリルはグロスブラックに変更され、ポジションメモリー付サイドミラーも追加されている。

MAZDA3 2.5 Sカーボンエディション

ユニークなパッケージとして好評だったSカーボンエディションは、AWDを備えて2023年モデルにも登場する。下位グレード同様にFWDモデルもラインナップされている。カーボンエディションでは、主に外内装が大きく変更されている。外装色はポリメタルグレー塗装、内装にはレッドレザーが採用され、よりアグレッシブな個性を醸している。さらに、ブラックフィニッシュの18インチアルミホイール、グロスブラックドアミラーが採用され、全体で引き締められた1台となっている。

MAZDA3 2.5 Sプレミアム

SプレミアムではAWDが標準装備となり、プリファードグレードをさらに強化させたモデルとなっている。また6速MTシフトノブを備えたモデルもラインナップされており、こちらはFWDのみの展開となる。装備としては、フロントガラスに映るフルカラーディスプレイ、パドルシフト、ヘッドライトをコントロールするAFSシステムなどを搭載し、走行のレベルを1ランクアップさせたような構成になっている。本革シートは、ハッチバックがブラックとレッド、セダンがブラックとホワイトの2色から選択が可能。18インチアルミホイールはハッチバックタイプがブラック仕上げ、セダンタイプがブライト仕上げになり、LEDシグネチャーイルミネーションヘッドライト&テールライトを装備している。

MAZDA3 2.5ターボ

ターボエンジンを搭載したMazda3は、洗練されたモダンハッチバックでありながらスカイアクティブ-G 2.5 ターボエンジンを搭載し、最高出力250psと最大トルク433Nmを発揮するパワフルな構成となっている。駆動方式はAWD、6速ATとi-アクティブAWDを標準装備している。

Mazda3 2.5ターボは、基本的にはプレミアムグレードと共通したパーツ構成となっている。一部プレミアムに加えて、自動減光(オートディム)ミラー、グローブボックス周辺のクローム仕上げなどが装備されている。エクステリアでは、グロスブラック塗装の18インチアルミホイール、サイドミラー、フロントグリルなどを採用。エキゾーストパイプも大型化され、パワフルな走行を予感させる。

MAZDA3 2.5 ターボ・プレミアムプラス

最上級モデルとなるターボ・プレミアムプラスには、セダン/ハッチバック両車にエアロパーツを装着させることで、他のグレードには無い洗練されたスタイリングを実現している。セダンにはリアリップスポイラー、ハッチバックにはリアルーフスポイラーとフロントエアダムを装備。後退時スマートブレーキサポートとリアクロス・トラフィックブレーキを含むリアディレクションベースセーフティが追加され、i-アクティブセンスの安全機能を全て使用することができる。本革シートは、ハッチバックがブラックとレッド、セダンがブラックとホワイトの2色から選択が可能。渋滞アシスト、360°ビューモニター、交通標識認識機能付などを追加し、安全装備にこだわった高級モデルとなっている。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部