可愛いスタイルは女性や子供に人気抜群! おまけに意外と(?)よく走る!

MAZDA PORTER TRUCK |いつだって全開!! サブロク倶楽部 マツダ・ポータートラック

サブロクは皆が楽しめるセカンドカー。
そのつもりでホンダNを手に入れたが
あまりの楽しさと可愛さにハマって、
2ストエンジン車を増車した人の登場だ!

サブロクに目覚めると2台体制に増強した!

最もお金のかかる趣味がクルマだろう。なかでも修理やカスタムでどうしても費用がかさむのが旧車だ。けれど、同じ旧車でもサブロクなら維持費は格安。なにせ車検時の重量税が免除されているくらいで、お財布に優しいのだ。


長年サラリーマンを続けてきたオーナーは長らく趣味のクルマを維持してきたが、10年前にサブロクを増車した人。当初は不動のホンダNⅢを引き取り、自分でカスタムを楽しみつつ復活。これでハマってしまった。


NⅢは知り合いから入手した個体で、その人は他にも数台のサブロクを所有していた。その中に可愛らしいスタイルのポーターがあった。2ストエンジンだから構造はシンプルだし、なにせスタイルがいい。そこで趣味のクルマを手放しポーターも引き取るのだ。


やはり引き取った当初はサビだらけでヤレていた。そこで必死になって自ら磨き上げることに専念すると、なんとか塗装しないでも見られる姿にまで仕上げた。後は車検を取るだけだ。

オート3輪が主流だった戦後のマツダは軽3輪のK360に代わる主力商用車として1961年にB360を発売。バンとトラックのラインナップで1968年にモデルチェンジした時から車名がポーターになった。キャロルと同じ水冷4気筒エンジンだったが、1973年にシャンテと同じ2ストロークに変更。途中でキャブオーバーのポーターキャブが追加されると元祖トラックは人気が低下して76年に生産終了。

SUSPENSION

FRONT
4.5J-10+145SR10

ローダウンはお約束。アルミホイールはスピードスターMkⅡでラジアルタイヤでもハミ出さない。

REAR
5.5J-10+165/70R10

リヤもMkⅡだが一回り太いサイズで165のSタイヤを履かせている。

ENGINE

キャブのオーバーホールで甦ったエンジンは調子が良いのでノーマルのまま。アヒルや肉球ゴムで可愛らしいエンジンルーム。
気合!
チェック!
ヘッドカバーやオルタのステーは気合で手磨きして軽く自分で筆塗り
ラジエターに付くフィンをチェック柄にしつつ、手前はアルミテープ。

可愛いスタイルだから女性や子供にウケる!

前オーナーによりカスタムされたボディにルーカスミラーやルーフアンテナを装着しただけでシンプルなスタイル。とてもサビだらけだったとは思えない!

ポーターに乗り始めると、意外にもよく走る。特に山道ではホンダNⅢより勾配に強いため、ロングツーリングに行くならほぼポーターになった。でもノーマルでは乗らずカスタムを開始。


ボディは前オーナーによりカスタムされていた。フロントフェンダーのエンブレムを外して穴埋めしたり、荷かけフックを除去してスムージングして全塗装されていた。ただ、一度違う人の手に渡り数年ほど青空駐車だった時期があり、その時にサビが発生。前オーナーの元に戻ってきてからは不動のまま保管されていたのだ。

そのためキャブレターを友人にオーバーホールしてもらうとエンジンは復活。エンジンルームから外せるものを外して自ら刷毛塗りしたり、サスペンションを加工してローダウンするなどカスタムを進行させた。ただブロックで下げたリヤは低すぎてガリガリ擦る。そこでリーフ反転に切り替えた。


ポーターでイベントへ行くと女性や子供ウケがとても良い。そこで可愛らしく見せる演出をするとさらに人気者に。自分でカスタムしたことがウケると、その分だけ愛着も湧くのだ。

室内

鉄板剥き出しのダッシュは必要最小限しか装備がない。ステアリングだけ変更しつつフェンダーのエンブレムを移設。
左右ともにシートは大阪のテント屋で張り替えた。なんと1カ所数千円だったとか!
G-ワークスではさまざまな国産旧車を掲載中!
懐かしの車両に出会えるかもしれません。

このマツダ・ポータートラックの記事は
10/21発売のG-ワークス2022年12月号に掲載!  

キャブ車からターボ車まで、令和に残るクルマ改造雑誌
みんなの知りたい情報満載!   
G-ワークスは毎月21日発売!

著者プロフィール

G-WORKS編集部 近影

G-WORKS編集部