サスペンションからボディ補強、そしてサポートパーツもラインナップ!【200系ハイエースの走りを磨け! #003】

「GENB」は絶対外せない! ハイエースのフットワークパーツを完全網羅するブランド

ベースが商用車というキャラクターから、純正はお世辞にもいいとはいえない乗り味のハイエース。しかし、それら丁寧に解消していけば、見違えるほどの乗り味に生まれ変わる。早速、サスペンションを中心とした、ハイエースを気持ちよく走らせるためのチューンアップ最新事情にクローズアップ!

ダンパーを筆頭にフットワークパーツを網羅!

定番のローダウンスタイル、そしてトレンドのリフトアップ、さらに標準車高でのセットアップまで、200系ハイエースのフットワークチューンを語る上で欠かせないブランドがある。

ダンパーを筆頭に、バンプ/リバンプ、ダンブロック、リフトアップシャックルなど、フットワークチューンにおいて何かしらのパーツに触れるであろうゲンブだ。

特に効果的なのは、クラウドウォーカーハイパフォーマンスダンパープロ。単筒式ショックを採用し、微低速域から安定した減衰力を発生させることで、リニアなハンドリングを実現しているのだ。しかも、リフトアップ向けにはローダウン&標準車高向けとは別に専用アイテムを開発し、腰高になることによる揺り戻しを収束させるよう専用セッティングを施している。

そして、ダンパーを中心としたセッティングの幅を拡げる周辺パーツの充実度は他を圧倒。バンプ/リバンプストッパー、リーフスプリング、トーションバー、スタビライザーなど、乗り心地改善や運動性能向上と目的と予算に合わせたフットワークチューンを可能としているのだ。

ホームページでは、希望の車高に応じて必須パーツがわかるコンテンツも掲載されているので、200系ハイエースのフットワークチューンで迷ったら、まずはゲンブのホームページをチェックしてみよう。きっと答えが見つかるはずだ。

単筒式ショックでリニアな走りを実現!

ハイパフォーマンスダンパープロは車高に合わせて2タイプを用意。ローダウン向けは2〜4インチのハードダウン向けで、低くてもしっかりストロークする設計を採用。一方のリフトアップ用は1.5〜2インチアップを想定し、車高アップにともなうロールを抑えるセッティングになっている。

PRICE LIST

ローダウン16万8300円
リフトアップ17万9300円
適応:全車

標準から2インチダウンはこちら!

PRICE LIST

価格11万8800円
対応全車

ボディ補強でダンパーの能力を使い倒す!

ダンパーを交換すれば、もちろん相応のドライブフィール向上を見込むことができる。しかし、それだけでは本来の実力を発揮しきることができない。そこでオススメなのが、ボディ補強だ。ゲンブではフロントからセンター、リアと部位ごとにサポートバーを設定。車体の断面積に対して、強度が足りているとはいえない純正ボディに対して、適切に補強を加えることができる。とくに低年式車や距離を走行してボディがヤレている場合は効果テキ面。ボディ補強により、クルマの動きは見違えるほどよくなる。

アクスルパワーブレース

価格3万800円〜
対応全車

フレームサポートブレース

センター  3万5200円〜
リア3万5200円〜
※対応:全車

フレームサポートバー

フロント1万8700円〜
センター1万8700円〜
※対応:全車

足まわりのサポートパーツも充実!

200系ハイエースの走りを磨け! まとめはこちら

STYLE RV(スタイルRV) Vol.171 トヨタ ハイエース No.37 より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

「ディーゼルのハイエースで700km走れて感動です!」低燃費でパワフル! ECUチューンって一体なに?

ベースが商用車というキャラクターから、純正はお世辞にもいいとはいえない乗り味のハイエース。し…

200系ハイエースで楽しむ【バン+ハンモック=バンモック(笑)】が新しい!

広々とした荷室を持つハイエースは、アウトドアアクティビティに持ってこい! せっかくアウト…

ついつい光らせたくなる! ハイエース専用ドアミラーウインカーは、立体面構造がアピール度抜群!

新作も登場する200系ハイエース用パーツの中から、編集部激推しの一品をピックアップ。 愛車…

キーワードで検索する

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon