今年創業50周年、レクサスLM&アルファードが主役のトムスブースが豪華絢爛!【東京オートサロン2024】

檜を使ったエアコン吹き出し口! 日本の伝統文化技術が香る、トムスのレクサスLMが美しすぎる!

今年創業50周年を迎えるトムス。スポーツカーをメインにしたブースとは別に、ミニバンブースを設置。その主役はバイカラーで彩られた、レクサスLMとアルファードだ。

ルーフコンソールに組子、エアコン吹き出し口には檜を使用

車両価格2000万円、昨年末に待望の国内デビューを果たしたレクサスLM。要人移動のショーファーカーとして注目されているが、日本らしさを追求し、より豪華絢爛にアップデートされたのがトムスのLM。

外観はボディ上部をゴールドカラーでラッピングしたバイカラーとし、足元にはオリジナルの20インチホイールとブレーキキットを装着。トムスといえば、空力性能に優れたエアロパーツ開発に力を入れているが、レクサスLMに関しては今回、製作の予定はないとのこと。一方で徹底的に作り込まれたのがインテリアだ。

まずはシートやドアパネルと、車内のほとんどを本革で張り替え処理。しかもシートに至っては独特の模様が描かれる。実はこれ、特殊塗料によって本革へ直接描かれたもので、工芸品の組子を連想させる仕上がりとなっている。そして燃えるようなグラデーションが印象的なフロアマットは、山形緞通(やまがただんつう)をイメージしたもの。

さらにルーフコンソールには檜を使った組子を用いたり、エアコン吹き出し口にも檜を使用するなど、和のテイストを車内の至るところに取り入れている。しかも今回のカスタイズ、イベント用のショーカー仕様ではなく、実際にオーダーできるように検討しているとのこと。2000万円のLMをカスタムするのはどんな人たちか気になるが、このカスタムは見逃せません!

メッキを大胆に投入したアルファード

トムスブースで、レクサスLMに負けない存在感を放っていたのがアルファード。ゴールドのバイカラーで攻めたLMに対し、アルファードはシルバーのバイカラーでカスタマイズ。ABS製となるエアロキットは、アルファード特有のメッキガーニッシュとのコーディネイトを踏まえ、コの字形状のメッキガーニッシュを設置。これをサイド、リアスポイラーにも同様にデザインすることで、ラグジュアリー感を向上している。近日発売予定。

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

展示39台完全網羅!【東京オートサロン2024】40系アルヴェル全台探せるMAP公開中!

1月12日〜14日開催の東京オートサロン2024。今年の会場内には昨年登場した新型40系アル…

新型アルファードにはやっぱりメッキが似合う! モデリスタのボディキットでラグジュアリー感を爆上げ!

●自然なラインワークで一体感を演出したエアロパーツ ●20インチホイールはディレクション系…

西1ホールでいきなり遭遇した純白のレクサスLM、オーラが半端ない!

・フルラッピング仕上げのレクサスLMは艶なしのオフホワイト ・参考出品の前後フラップスポイ…

キーワードで検索する

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon