超ワイルドな「アイアンバンパー」、取り付けにはボディの一部を切削&カットの必要あり!【ハイゼットカーゴ&アトレーカスタムDIY術 #001】

難易度高め【DIYワザ:ダイハツ・アトレー】オフ系の定番、アイアンバンパーの取り付け

DIYで取り付けるポイント
・純正バンパーの取り外しは、配線類があるので無理やり引っ張らない
・フロントバンパーとリップの接合部のカットは切断するよりも、出っ張り部分を上から削り落とす
・パイプバンパーをサブフレームのマウントに組むときは、最初にマウント内側の凸部にバンパー取り付け穴を差し込む

アイアンバンパーで一気に力強く迫力あるフェイスに

クロカン4WDでは鉄板といえるアイアンバンパー。純正を取り外すことで、丈が短くなり、車高を上げたような視覚効果が得られ、さらにタイヤ径を大きくしたときのボディへの干渉を防ぐことができる。もちろん屈強なパイプバンパーを組み合わせることで、力強さと迫力あるフェイスにイメチェン。一気にオフ感が増すなど、リフトアップ派オーナーにはメリットしかない。今回装着したのはジャンキーズ4×4のフロントパイプバンパータイプ1。取り付けのポイントは①フロントバンパー裏には配線があるので、ボルト/クリップなどを外したからといって無理やり引っ張らない。②フロントバンパーとリップの接合部のカットは切断するよりも、出っ張り部分を上から削り落とす。③パイプバンパーをサブフレームのマウントに組むときは、最初にマウント内側の凸部にバンパー取り付け穴を差し込むことの3点。②以外にも切断&削る箇所がある。慎重に作業を進めよう。

装着パーツ【FRONT PIPE BUMPER type1(フロントパイプバンパータイプ1 )】

LET’S DIY

ハイゼットカーゴ&アトレーカスタムDIY術 まとめはこちら

KCARスペシャル ドレスアップガイド Vol.37 ダイハツ・ハイゼットカーゴ&アトレーより

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

ソロキャンに最適だったハイゼット、まるでロッジのような車内もオシャレすぎる!

働くクルマの代表格である軽トラのパネルバンのキャビンをウッディにDIY。 ポイントはクルマ…

「飽きが来ないようシンプルが信条」通勤快足ハイゼットの車内は最高のマイルーム

2022年に初開催され、大好評だったBug-track MT。2023年はつがる地球村に舞台…

アトレー専用パーツが超充実! ライツの貼りモノ&光りモノで自由自在にカスタマイズ

【HIJET & ATRAI魅せる外遊びスタイル #005】アトレー/ハイゼットカー…

キーワードで検索する

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon