ひとりでも約5分! バッドウイングオーニングを広げれば、そこがキャンプサイトに!|外遊び最強の相棒【ジムニー】をカスタマイズ 第1弾

ジムニーの脇に、即キャンプサイトが完成するライノラックのオーニング|車中泊カスタム

アウトドアアクティブティの相棒として、多くのファンから愛されているスズキ・ジムニー。山や川、海や湖、そんなシチュエーションに似合うジムニーは最強のアウトドアギアともいえる存在。そんなジムニーを、ワイルドにアップデートするアイテムをオススメします。第1弾はキャンプサイトであると便利なオーニング。

展開・収納が簡単で、しかもコンパクト!!

▶▶▶シリーズ「外遊び最強の相棒【ジムニー】をカスタマイズ」まとめ

【ライノラック・バッドウイングコンパクトオーニング】

BBQに川遊び、海水浴にキャンプ。

夏は本格的なアウトドアシーズンだし、ジムニーだったら道なき道も踏破できるから、大自然を楽しみ尽くすこれからの予定にココロを踊らせている人は多いハズだ。

そんなアウトドアを満喫するのに欠かせないのが、強い日差しや突然の雨などから、身体と荷物を守ってくれるオーニング。

中でもライノラックのバットウイングオーニングは見た目もオシャレで、一般的なものより広い範囲をカバーできるから絶対必見だ。

ライノラックとはキャリアやラックなどのクルマ用アウトドアギアを幅広く手掛けるオーストラリアの人気ブランド。

オーストラリアは日本よりも紫外線が強く、自然環境も厳しい場所。

それに対応できるだけの性能を確保した同社のギアは、世界的にも絶大な信頼性を獲得している。

そんなライノラックが開発したオーニングだから、紫外線保護指数は最高値の50+。

防水性や防カビ性にも優れていて、風にも強い構造となるのがまず特徴。どんな場所でも安心して展開できるというのは安心だ。

しかも一般的なサイドオーニングが車両側面のみをカバーする方式なのに対し、このバットウイングオーニングは車両の側面から車両後方までの広範囲、約270度をカバーすることが可能。

たっぷり余裕のあるサイズをカバーできるから、車外での活動の幅を大きく広げられるのだ。

ちなみにその展開したときの見た目が、羽を広げたコウモリ風。だからバットで、目立ち度もバツグン。

テントやタープの設営に比べれば圧倒的に手軽です!!

バットウイングは初心者でも展開、格納しやすい構造となるのも特徴。面倒な工程や特別な工具などはいっさい不要で、ひとりでも5分ほどあれば十分に設営を完了できるから、タープを立てたりテントを張ったりよりも断然にラク。ポールは2本のペグで固定できる構造で、風にも強いというのも安心。

1 / 8

「ジムニーの脇に、即キャンプサイトが完成するライノラックのオーニング|車中泊カスタム」の1枚めの画像
手順(1)

2 / 8

「ジムニーの脇に、即キャンプサイトが完成するライノラックのオーニング|車中泊カスタム」の2枚めの画像
手順(2)

3 / 8

「ジムニーの脇に、即キャンプサイトが完成するライノラックのオーニング|車中泊カスタム」の3枚めの画像
手順(3)

4 / 8

「ジムニーの脇に、即キャンプサイトが完成するライノラックのオーニング|車中泊カスタム」の4枚めの画像
手順(4)

5 / 8

「ジムニーの脇に、即キャンプサイトが完成するライノラックのオーニング|車中泊カスタム」の5枚めの画像
手順(5)

6 / 8

「ジムニーの脇に、即キャンプサイトが完成するライノラックのオーニング|車中泊カスタム」の6枚めの画像
手順(6)

7 / 8

「ジムニーの脇に、即キャンプサイトが完成するライノラックのオーニング|車中泊カスタム」の7枚めの画像
手順(7)

8 / 8

「ジムニーの脇に、即キャンプサイトが完成するライノラックのオーニング|車中泊カスタム」の8枚めの画像
手順(8)

まずはケースからペグを取り出す。本体はマグネットで固定されているため、これを取り外す。マグネットを外すとオーニングの布地が広がった状態になるのでここからポールを展開。ポールは車両後方にある支点を中心に、前から後ろへ向けて回転させるようにして展開していく。展開できたら伸縮式のポールを立て、ポールの長さを合わせる。ガイドロープとペグで固定すれば完成。

【SPECIFICATION】
●価格:13万2000円
●サイズ:長さ200㎝×幅200㎝×長さ230㎝
●オプション: 扉付きエクステンション(3万3000円)
      エクステンション(2万3100円)

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon