世界最小4×4に向けた専用設計フォージドホイールは、ジムニーをスポーティに彩る

ボルクレーシングの伝統的モデルTE37をジムニーへ|VOLK RACING TE37XT for J【スズキ・ジムニーに似合うホイールは?】

4代目の発売から3年が経過する現在も、絶大な人気を得ているスズキ・ジムニー/ジムニーシエラ。いまなお新車納期はかなりの時間がかかってしまう状況。そんなジムニー/ジムニーシエラを、自分だけの仕様にカスタムするなら、まずはやっぱりホイールから! サイズ、デザイン、カラー、ジムニー/ジムニーシエラに似合うホイールは? いま注目すべきホイールを紹介します。

高強度&超軽量なスポーツモデル

▶▶▶スズキ・ジムニーに似合うホイールは? まとめはこちら

【VOLK RACING TE37XT for J/ボルクレーシング ティーイー37エックスティー フォー ジェイ】

ジムニーは軽自動車だが、れっきとした4×4である。となればオーバーランドを目的にしたスタイルも当然、成立するわけで。そのためには世界最小コンパクト4×4であったとしても、それに相応しいだけのスペックがやはり必須だ。

そんな思いから生まれたこのボルクレーシングTE37XTは、だからこそフォージドという製法にこだわった。それは、オーバーランドで求められる強度を十分に備えつつ、機敏な動作の助けとなってくれる軽量性も獲得するため。荒野を駆け抜けるための性能に、これは満ちるのだ。

しかもその意匠はボルクレーシングの伝説的モデル、TE37のそれを踏襲。シンプルな6連のホールは無骨でありながらクリーンで、力強い走りを明確に想像させてくれる。リム外周やディスクエンドに刻まれたA.M.Tマシニングによるロゴ刻印、リム外周をぐるりと一周するマシニングラインの採用などで、シンプルな中にも変化のある、ワンランク上なビジュアルを実現させたのも魅力だ。

専用で設計されたディスクは、ジムニー用にはフラットコーン、シエラ用にはディープコーンという2種類を設定。強さと軽さ、最適なインセットのすべてをバランスさせた設計となっているのも安心。専用設計だからフィッティング性も極上だ。

ちなみにTE37と言えば、その代名詞はブロンズ色。それを踏まえてこのTE37XTには、ブロンズアルマイトが標準設定。スポーツな雰囲気をストレートに高めてくれるカラーリングで、TE37の6スポークとは異なるディスクレイアウトで6つの窓を備えたTE37XTでも、そのイメージはTE37そのもの。ボルクレーシングらしい装いを楽しめるのも利点だ。

引き締まった精悍な表情を演出してくれるブラストブラックも標準カラーとして用意。また艶やかでレーシー、個性も強く薫る受注生産のマットレッドもラインアップ。軽さと強さ、名作の面影を同時に獲得できるだけでなく、カラーでも存分に楽しめる鍛造。恐らく、並ぶものなし。

1 / 3

「ボルクレーシングの伝統的モデルTE37をジムニーへ|VOLK RACING TE37XT for J【スズキ・ジムニーに似合うホイールは?】」の1枚めの画像
ジムニー用はフラットコーン、シエラ用はディープコーン。それぞれに最適なフェイスを設定。

2 / 3

「ボルクレーシングの伝統的モデルTE37をジムニーへ|VOLK RACING TE37XT for J【スズキ・ジムニーに似合うホイールは?】」の2枚めの画像
E37のスピンオフはすべて6スポーク形状だが、これは6個の窓を造形。オフテイスト全開だ。

3 / 3

「ボルクレーシングの伝統的モデルTE37をジムニーへ|VOLK RACING TE37XT for J【スズキ・ジムニーに似合うホイールは?】」の3枚めの画像
リム外周にはぐるりと一周のマシニングライン。各部に刻まれたA.M.Tマシニングロゴも優越。

SPEC
SIZE     INSET HOLE P.C.D   COLOR
16×5.5J   0/20   5/139.7    ブラストブラック、ブロンズアルマイト、マットレッド(受注生産)
16×6.0J   -5    5 139.7    ブラストブラック、ブロンズアルマイト、マットレッド(受注生産)

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon