新車カスタムコンプリートカーを検討するなら、名門ブランド同士のコラボモデルを狙ってみませんか?

エヌズステージ×ヴァルド、名門コラボモデル「ブラックバイソン」にエブリイ降臨!| #軽バンこそ最強です!

【アウトドア遊びのベース基地、 #軽バンこそ最強です! #010】
今や空前のアウトドアブーム。休日になればオートキャンプ場は各地から訪れるキャンパーでにぎわい、自然がある場所には必ずオフロード車を見かけるようになった。クルマのカスタマイズにおいても、大自然が絵になるオフロード仕様が大ブーム。本格派四駆だけに限らず他の車種にも波及し、軽バン界でも盛り上がっている。車内が広く、大量の荷物を積めて車中泊も楽しめる軽バン。さらにカスタマイズで快適なアウトドアライフを楽しもう。

ジムニーシエラに続く、コラボモデル第2弾【N’s STAGE/エヌズステージ】

アウトドア遊びのベース基地、軽バンこそ最強です!まとめはこちら

オリジナルパーツの開発からコンプリートカー販売、果てはクルマを中心としたフェスティバル開催など「クルマアソビ」をトータルでプロデュースするエヌズステージ。東北の安比高原にクルマアソビを主体としたアドベンチャーフィールドを開設して話題をさらったのも記憶に新しいところ。

そんなエヌズステージの独自ブランド「エヌズリミテッド」は、カーディーラーでもある強みを活かした新車ベースのカスタムモデル車両を販売中。主力はスズキのジムニーではあるものの兄弟モデルとしてエブリイもラインアップし、使い勝手の良い軽バンを求めるユーザーニーズにも応えている。そして今回エヌズリミテッドの旗艦モデルとも言える「ブラックバイソン」が、ジムニーに続いてエブリイにも追加ラインアップされた。これは名門エアロメーカーであるヴァルドとエヌズステージがコラボレートして生み出されたグレードで、ジムニーシエラをベースに開発された初代モデルは2019年の東京オートサロンでSUV部門最優秀賞を獲得するほどの人気を誇る

むろんエブリイバージョンのブラックバイソンに関してもデザインを手がけたのはヴァルドで、軽自動車の限られた規格のなかで最大限の造形美を追求。一般的にノッペリとしたデザインのエアロが多いなか、前後バンパーは凹凸を駆使した3D形状を実現。素材にスチールを用いることでタフに扱えるスキッドプレートに関しては、面構成に抑揚を与えることで立体感を演出している。このようにブラックバイソンのコンセプトを踏襲したワイルドな世界観はエブリイでも健在だ。

また、これまで人気を博してきたJスタイル(写真左後方)に関しても併売されていくとのことで、ユーザーサイドとしては魅力的な選択肢が広がったとも言えるだろう。

BlackBison(EVERY DA17)
●価格:DA17 PA(5MT/2WD)153万100円〜
30㎜rリフトアップキット
BlackBisonフロントバンパー
BlackBisonスキッドプレート
BlackBisonリアバンパー(LEDテール付属)
スリムサイドステップ(ワゴンモデルのみ)
フォグランプセット(未装着車に装備)
WORK CKVアルミホイール
オープンカントリーR/T(165/60R15)
側方確認ミラー
N’sLIMITED&BlackBison専用エンブレム

アウトドア遊びのベース基地、軽バンこそ最強です!まとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon