【スタイル別ジムニーシエラ履き比べ 4ホイールを3タイプで計9ショット!?】ディフェンダー風 編|アメリカンテイストが一気にあがる! 王道の組み合わせも見逃せない!

マッチョなディフェンダー風シエラには、アメリカンな空気感をプラスしてワイルドに!【試着3/9パターン! シエラ ホイール履き比べ】

【スタイル別ジムニーシエラ×ホイール履き比べ #003】老若男女、多くのファンから絶大な人気を得ているジムニー/ジムニーシエラ。自分好みにカスタムするオーナーが非常に多く、そのスタイルも多種多彩。今回、人気の3大スタイルに似合う、いまオススメのホイールを履き比べてみた。あなたの好みを探してみて!

車高はノーマル。装着したホイールはベルサスが16×6.0J+5で、デイトナが16×6.0J-5。グラムライツはジムニー用サイズの16×5.5J+20をスペーサー付きで装着したが、もちろんシエラ専用サイズも設定されるので、シエラの場合はそちらが推奨だ。タイヤはBFグッドリッチのオールテレーンT/A。215/70、235/70を使い分けている。

【スタイル別ジムニーシエラ履き比べ】4ホイールを3タイプのジムニーで計9ショット!? まとめはこちら

(1)最旬のアメリカンが薫り立つ組み合わせ【VERSUS VV21SX

アウトドアなイメージのヨンクやSUVに、スポーティなモデルを合わせるという手法は本場アメリカでのトレンドスタイル。特に新型ディフェンダーではそうした遊び方が最旬となっているため、オンでもオフでもイケるこのディフェンダー風ルックの場合、おかげでアメリカンテイストがグッと盛り上がってくる印象だ。オシャレ度が増すというよりは、ヨンク感が強まるのもポイント。ホイール単体で見たときには奇抜な組み合わせかと思いきや、実際に履かせてみるとすんなり、よく似合うのもオモシロイ。スポーティさももちろん強調されるうえ、一般的なオフロードスタイルとはひと味違った映え方を楽しめるのも大きなメリットで、個性、目立ち度では優位。

(2)これぞ王道なイマドキコンビ【TEAM DAYTONA F6BOOST】

F6ブーストとリトルDとの組み合わせは、これぞ王道と思わず手を打ってしまいそうなほど。全体的なたくましさがグッと高まって、特にディフェンダー風フロントグリルとの相性が絶妙だから、オフロード感が圧倒的に底上がる印象だ。と言ってオフロードシーンで本格的なクロカンっぽく…とならないのもポイント。確かにワイルドでパワフルなのだが、リトルDのオシャレさがF6ブーストの洗練されたスポークデザインで際立ってくるイメージで、オフ感が強めな街オフ仕様という印象が非常に強いのだ。もちろんそのままオフで使っても十分に映えてくれる。けれどもそれをあえて街中で乗りこなしたくなる、そんな組み合わせ。ピアスボルトやA.M.Tロゴなどフォトジェニックな仕掛けが施されたホイールということもあり、街中などでまわりの人の目をひくこと確実のルックスだ。

(3)ロービジ色で最旬感が爆上がり【gram LIGHTS 57DR-X

これはもう完全にカラーの勝利。リトルDのアース系なグリーンボディに、2021リミテッドのロービジ色、アームズグレーがとにかくバツグンによく映える。両者ともに落ち着いた色味で一見は大人しめなのだが、ホイールに付属される蛍光イエローのハイボスカルステッカーが恰好のスパイスとなるため、映え度、オシャレ度が一気に跳ね上がってくるのがポイントだ。ただしデザインとしてはスポークが太くて力強いため、リトルD特有のパワフルさをしっかりと引き上げてくれて、オフロード感も大。アウトドアシーンでも異彩を放ってくれそうだし、街中にいても確実にアピールができそうだ。もちろんグラムライツというブランド性から考えて、スポーティさもやっぱり強まるから、レーシー路線に振ってしまってもアリなホイールである。スポーク本数が多すぎないから、スマートな印象も増せる。

履き比べたホイールの詳細はこちらから

アウトドア系、ディフェンダー風、Gクラス風の3大スタイル
スタイル別ジムニーシエラ履き比べ まとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon