最旬の30系アルファード&ヴェルファイアカスタムはレクサスLM仕様化! 全部でいくらかかる?

【予想以上の人気!】30系アルファード&ヴェルファイアのレクサスLM化っていくらかかる?

ミニバンのカスタムシーンで絶大な人気を誇るのはトヨタ・アルファード&ヴェルファイア。様々な専用パーツがラインアップする中、いま最も旬で注目度が高いカスタムはレクサスLM化。アルファード&ヴェルファイアとは違う、レクサスならではの高級感を外装だけでも味わえる魅力的なカスタムだ。

LEXUS LM仕様が急増中! ベースは30系アルファード&ヴェルファイア

国内では今なおミニバン人気が根強い。中でもトヨタのアルファード&ヴェルファイアは、かなりの人気。アルファードにおいては、月間の登録台数が1万台を超えることも少なくない。

そんなアルファード&ヴェルファイアは、カスタムシーンでも人気のクルマ。多くのアフターパーツメーカーが、エアロパーツや内装、足回りなど様々な専用パーツを手掛け、必要な物はすべて揃うんじゃないかというほど、カスタムの選択肢が幅広い。

そして、いまアルファード&ヴェルファイアを「レクサスLM」仕様に仕上げるカスタムがかなり注目されている。主にフロント周りとリア周り。特徴的なヘッドライトやフロントグリル、テールランプなどをレクサスLM純正へと交換する。

結構な加工が必要と思いきや、レクサスLMのベース車は30系アルファードとあって、実は大きな加工は必要ない。ただし、レクサスLMが日本国内では販売されていないこともあり、LM純正パーツの確保がかなり難しいのだ。

そしてそもそもレクサス車の純正パーツとあって、パーツ自体も高価なものが多い。では、実際にLM仕様とするにはいくらかかるのか。これからLEXUS仕様を狙っている人は、以下をチェックしておこう。

30系アルファード&ヴェルファイアをレクサスLM仕様にするにはいくらかかる?

30系アルファード&ヴェルファイアをレクサスLM仕様へとカスタムするための手法は3つ。ひとつはレクサスLM純正パーツのみを手に入れ馴染みのプロショップに取り付けてもらう。2つ目は、レクサスLM純正パーツ購入&取り付けを同じショップで頼む。3つ目は新車のアルファード&ヴェルファイアをベースにレクサスLM仕様に仕立てたコンプリートカーを購入する方法だ。

どの手法においてもかかるパーツ代はほぼ同等。自分の置かれた状況に合わせて、ベストなカスタム方法を選ぶのが正しい。

1 流用するLM純正部品のみを手に入れる

2 既存車をLM仕様に変更する場合

3 LM仕様のコンプリートカー

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon