その5|ルーフトップテントをどう使っている? アウトドアスタイルを楽しむ最先端のオフミーティングにお邪魔しました!

ルーフトップテント実例集05|全高が低いバンだからテントの出入りがラク!【日産・NV150AD】エコテック

日産 NV150AD OWNER  寳田修一 さん
【ルーフトップテントではじめる車上泊】クルマを活用してアウトドアや旅を満喫するオーバーランドスタイル。今回は岐阜県の夕森渓谷キャンプ場で、オーバーランドカスタムを楽しむユーザーたちによるイベントが開催された。多くのクルマがルーフトップテントやオーニングを装備しており、その本格的な装備にも注目してみました。

ルーフトップテントではじめる車上泊まとめはこちら

SUV系が主流のオーバーランドスタイル。だが寶田さんはライトバンタイプのNV150ADをベースに、ルーフトップテントを設置。メリットは設営が簡単なこと、そしてテントの出入りがラクなこと。「いろいろなクルマに乗りましたが、ADは燃費も良いので遠出にもオススメです」。ボディはキューブ純正色、クラフトダンボールメタリックで全塗装。

SPEC
ルーフトップテント●コテックルーフキャンパー
サイドタープ●コテックルーフキャンパー
ホイール●純正(14インチ) 
タイヤ●トーヨータイヤ・オープンカントリーR/T(165/80)
シートカバー●ゴードンミラー ●リフトアップ 他

ルーフトップテントではじめる車上泊まとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

古川 教夫 近影

古川 教夫

クルマとバリアフリー研究家。基本は自動車雑誌編集&ライター&DTP/WEBレイアウター。かつてはいわ…