最小サイズから最大サイズまで、フォルクスワーゲンのオフ系カスタムはどれもオシャレすぎる!

街中だけでなくアウトドアシーンもよく似合う! 最新フォルクスワーゲンのオフ系カスタムが、オシャレでアクティブすぎる!【SEMAショー2022リポート】

アメリカで最も大きいカスタムカーショーとして知られているSEMAショーが、2022年11月1日〜4日にラスベガスで開催された。ここ数年、トレンドとして最も勢いを感じさせるオーバーランドを中心としたSUVカスタムはさらに飛躍!世界の富裕層をも取り込むラグジュアリー路線も拡大している。また、古いクルマをベースにEV化するキットも多くのメーカーから発売されるなど、EV化の流行はカスタムカーの世界にも普及。そんなアメリカならではのムーブメントをご紹介します。

SEMA SHOW2022 まとめはこちら

電動SUVのID.4を速攻カスタマイズ

日本でも発売されたフォルクスワーゲンの電動SUV「ID.4」。フォルクスワーゲンのブースにはドローンのための基地というユニークなコンセプトのカスタマイズが登場した。Thuleのルーフラックをドローンの発着所に見立てて、荷室には専用ストレージとポータブルの発電機を用意。どんな場所でも最高の空撮映像を捉える準備を整えている。

VWの最小コンパクトSUVをアクティブに!

アメリカでティグアンよりも下の最小コンパクトSUVとしてラインアップされているTaos(タオス)もカスタマイズ。H&Rのリフトスプリングで車高を上げ、ホイールはfifteen52のトラバースMXを装着。荷室には自転車のタイヤやエアマットレスに空気を入れるときに役立つ小型コンプレッサーを備える。

フルサイズSUVもBASECAMPに大変身

こちらはフォルクスワーゲンのSUVの中で最大サイズを誇るAtlas(アトラス)。カスタマイズのコンセプトはタオスと同じく“Basecamp”で、荷室にエアポンプやエアマットレスを完備する。純正アクセサリーのベースキャリアバーに、Thuleのバスケットとサイドオーニングを装備。

SEMA SHOW2022 まとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon